1月31日 ウルトラマンレオ降伏せよ! デモスが連続吸血殺人

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 1月31日(1975年)

テレビマガジン編集部

『ウルトラQ』『ウルトラマン』の放送が開始され、ウルトラ怪獣が登場した1966年以来、半世紀以上にわたって脈々と続くウルトラマンシリーズ。作品ごとに子どもたちは、現実とフィクションとを一体に感じ、日々、ウルトラヒーローや怪獣たちに夢中になっていた。

あの日、あの時、胸躍らせて目撃したのは何だったのか? 今回取り上げるのは「1月31日」(1975年)。

デモスと戦うウルトラマンレオ  ©円谷プロ

1974年4月12日より放送が開始された『ウルトラマンレオ』。地球を防衛する宇宙パトロール隊MAC(マック)のおおとりゲン隊員が変身するウルトラマンレオは、L77星が故郷で宇宙拳法の達人! 得意の格闘技で宇宙の平和を守ってきた。ウルトラセブン=モロボシ・ダンがMACの隊長を務めていたことや、シリーズ後半のハードなストーリー展開は現在でもファンの間で語り草になっている。

ゲンが居候をする美山家の周囲で8件の殺人事件が発生。それは、新たな円盤生物 デモスによるものだった。デモスはウルトラマンレオに降伏を迫る。
「ウルトラ怪獣日和」、今日は何の日?

デモスが地球に襲来

1975年1月31日は『ウルトラマンレオ』第43話「恐怖の円盤生物シリーズ! 挑戦!吸血円盤の恐怖」が放送された日。ブラック指令の命令により、ブラックスターから第4の円盤生物・デモスが発進した。地球に到着したデモスは、マスターデモスほか3体のデモスQに分離し、人々をつぎつぎと殺害する。

警察の調べで、死体には血がなくなっていたことがわかった。ゲンは、美山家を訪れた刑事から、管内で8件の殺人事件が発生し、事件現場を線で結んだ円の中心に美山家があることを知らされる。

自分に対する敵の挑戦だと確信したゲン。この怪事件について、調査を開始する。そこで怪しい男と遭遇。男はレオに降伏を迫り、降伏しなければデモスは周囲の人間を殺し続けるぞと脅した。揉み合いの末、男は逃亡。ゲンが追うと、曲がり角で男は倒れていた。男の記憶はなく、デモスに操られていたのだった。

天涯孤独の身であるゲンは、ともに美山家に身を寄せ、ゲンを慕う梅田トオル少年に別れの手紙を残し、美山家から出ていく。学校から帰宅し手紙を読んだトオルは、街中を走り回ってゲンを探す。
次のページへデモスQが合体し、巨大なデモスに!
22 件