レ・ロマネスクTOBI

●レ・ロマネスクトビー 
広島県比婆郡(現在の庄原市)出身。フランスで結成された音楽ユニット「レ・ロマネスク」のメインボーカル。相方・MIYA(ミーヤ)と、ピンク色のコスチュームで歌い踊るキッチュな楽曲とパフォーマンスで徐々に人気を集め、2008年春夏パリコレでのライブをきっかけに、世界12ヵ国50都市以上で公演。09年、フランスの人気オーディション番組に出演した動画のYouTube再生回数がフランスで1位を記録し、「パリで最も有名な日本人」となる。

2011年のフジロック出演を機に日本に拠点を移す。18年、自らの稀有な体験をまとめた書籍『レ・ロマネスクTOBIのひどい目。』(青幻舎)が話題になり、以降は『お伝と伝じろう』(NHK Eテレ)、『激レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日)などのメディアにも出演。

近年は、ブロードウェイ・ミュージカル『ウエスト・サイド・ストーリー』(2019〜2020年)、映画『生きちゃった』(石井裕也監督、2020年)への出演といった俳優業や、ラジオパーソナリティなど、活動の幅を広げている。20年9月〜21年9月放送の『仮面ライダーセイバー』(テレビ朝日)にタッセル役でレギュラー出演、21年10月『おかあさんといっしょ』(NHK Eテレ)10月の月歌『なんなん、とかとか、なーるなる』作詞・作曲・振付担当。アニメ湖池屋SDGs劇場『サスとテナ』(TOKYO MX)主題歌振付担当。

21年3月に初めての小説作品となる『七面鳥 山、父、子、山』(リトルモア)を出版。2児の父親。

「キューブ」オフィシャルHP
https://www.cubeinc.co.jp/archives/artist/lesromanesquestobi

「レ・ロマネスク」オフィシャルHP
https://06ma9.com/

レ・ロマネスクTOBIの作品

レ・ロマネスクTOBIの記事

もっと見る