『戦国武将物語 大決戦! 関ヶ原』

著:小沢 章友 絵:甘塩 コメコ

0 件
発売日 2016/08/11
価格 定価:748円(本体680円)
ISBN-13 9784062855808
判型 新書
ページ数 224ページ

戦国時代に終わりを告げる「天下分け目の決戦」、関ヶ原の戦い。「主君・豊臣家の天下を守るために」立ち上がった、西軍石田三成に味方した、宇喜多秀家、大谷吉継、島津義弘、小早川秀秋。「自分がおさめなければ、天下は乱れる」という信念のもと動き出した、徳川家康率いる東軍には、福島正則、黒田長政、井伊直政らがいた。自らの信念にしたがい戦に臨んだ九人の武将の物語! <小学上級から すべての漢字にふりがなつき>


戦国時代に終わりを告げる「天下分け目の決戦」として名高い、関ヶ原の戦いを九人の武将の目を通して描く!

「主君・豊臣家の天下を守るために」立ち上がった、西軍石田三成に味方した宇喜多秀家、大谷吉継、島津義弘、小早川秀秋。

「自分がおさめなければ、天下は乱れる」という信念のもと動き出した、徳川家康率いる東軍には、福島正則、黒田長政、井伊直政らがいた。

自らの信念に従い、戦に臨んだ、九人の武将の物語!

<歴史・古典 小学上級から すべての漢字にふりがなつき>

<西軍> 石田三成・・・大志を抱いて、天下をまもれ 宇喜多秀家・・・義をつらぬいた豪胆の貴公子 大谷吉継・・・友情に生き、友情に死す 島津義弘・・・少数で敵中突破した、勇猛な薩摩武士 小早川秀秋・・・迷いに迷って、勝負を決めた男 <東軍> 徳川家康・・・わしがおさめなければ、天下はみだれる 福島正則・・・三成にくしと、秀頼ぎみのために 黒田長政・・・父ゆずりの、先をみすえる力 井伊直政・・・徳川武士の強さ、見せてくれる

書店在庫を見る

オンライン書店

関連シリーズ