専業主婦から人気料理家に! 4児ママ・松山絵美の自分時間の作り方

4児ママの料理家・松山絵美さん「きれいのレシピ」#2~自分時間の作り方~

料理家:松山 絵美

今はアンチエイジングに興味があるという松山さん。「長男は化学が好きで、『ママのために若返りの薬を開発してあげるよ』と約束してくれています(笑)」。 写真:日下部真紀

――自分の肌や体質の特徴がわかっていれば、凝ったケアはしなくてもいいのかもしれませんね。ほかに、心がけていることはありますか?

松山さん「特に何もしていないのでお恥ずかしいのですが、疲れをためないこと、便秘をしないこと、体を冷やさないこと、食べ過ぎが続いたら野菜やデトックス効果のある食材を摂る、などでしょうか。

便秘になると肌が荒れてしまうので、自家製のキムチやぬか漬け、ヨーグルトなどの発酵食を食べるようにしています。冷えも万病のもとなので、冷たいものは取らずに、飲み物は基本常温。根菜やしょうがなど、体を温める食材を積極的に食べますね。

あと、メンタル面ではストレスをためないこと。実は双子が小学1年生のころ、人間関係のストレスで腸炎になり、1週間入院したことがあるんです。入院中、双子は小学校があるので自宅で夫がみて、保育園組のふたりは私の実家に預けてと、子どもたちは分かれて生活したのですが、家の中がグチャグチャになるなど、とても大変でした。

その時に『私が倒れちゃいけないんだ』と痛感して以来、人間関係もあまり考えすぎないように。そのほかのことでもムリせず、ストレスをためないように意識しています。心が健康じゃないと、体も健康ではいられないですからね」

◆◆◆◆◆◆◆
小さなアイデアの積み重ねで、限られた時間を上手に使っている松山さん。ほんの少しでも自分時間を確保して気持ちを満たすことが、心の充実につながっているようです。

気になる美容&健康法は、ストレスをためないこと。そして、内側からケアすること。料理家さんらしい“食”による健康管理法は、ぜひお手本にしたいところです。

第3回は、4児を育てる松山さんの子育て体験談を詳しく伺います。

ハンバーグは丸めない、餃子は包まない、包丁で切らない……。料理の面倒なことをすべてやらずに作れる、絶品レシピ100品をまとめた最新刊『松山絵美のカンタンなことしかやらないレシピ』(ワン・パブリッシング)が好評発売中。手間は省きつつも、毎日の食卓をおいしく豊かにするアイデアがいっぱいの1冊です。

松山さんの最新刊を5名にプレゼント!

松山さんの最新刊『松山絵美のカンタンなことしかやらないレシピ』(ワン・パブリッシング)を抽選で5名にプレゼントします。
こちらからご応募ください。

※松山さんのインタビューは全4回。
#3は22年3月18日、#4は3月20日公開予定です(公開日までリンク無効)。

#3 「ベビーカー邪魔!」双子ママの料理家が味わった 心ない声と救われた言葉
#4 きれいの秘密は「食」にアリ? ママ料理家・松山絵美の食へのこだわり

#1 4児ママで人気料理家・松山絵美「育児家事仕事を楽しむにはムリしない」

19 件
まつやま えみ

松山 絵美

料理家

1980年生まれ。料理家。12歳(2009年生まれ)の双子の長男・長女、9歳(2012年生まれ)の次女、7歳(2014年生まれ)の次男...

ほしの さゆり

星野 早百合

ライター

編集プロダクション勤務を経て、フリーランス・ライターとして活動。雑誌やWEBメディア、オウンドメディアなどで、ライフスタイル取材や著名...