2021.11.03

日本一有名な怪獣の子ども時代! 『がんばれちびゴジラ』読み聞かせのコツ

「本とあそぼう 全国訪問おはなし隊」隊長がお教えします

読み手 ーーおはなし隊隊長 浦野和美

※この記事は、講談社絵本通信に掲載の記事を再構成したものです。
 

キャラバンカーに本をたくさん積んで、全国47都道府県におはなしを届ける「本とあそぼう 全国訪問おはなし隊」。
幼稚園や保育所、小学校や図書館、書店など様々な訪問先で、おはなし会を重ねてきたおはなし隊の隊長さんが、子どもたちに人気の絵本の読み聞かせのコツをお教えします!

日本一有名な怪獣・ゴジラ。今回は、その大きくて強いゴジラの、かわいらしい子ども時代のおはなしを紹介します。

『がんばれ ちびゴジラ』
作:さかざきちはる 講談社

しっかり表紙を見せながら、「タイトル」「作者名」を読み始めましょう。

表紙を開くと、見返しにはちびゴジラの身体の色である、キレイなみどり色が広がっています。どこか誇らしげな表情もかわいらしく思えるちびゴジラの登場です。

さあ、得意技の紹介です。
「ひを ふけるんだ  ゴーッ!」
ちょっと自慢げに読んでもよいですね。

ゴーッ! と火を吹くちびゴジラ
『がんばれ ちびゴジラ』より

おっと! ちびゴジラが転んでしまいました。

「ひっく ひっく」と泣きながらも「ボワッ!」と火を吹いています。

転んで泣いてしまったちびゴジラ
『がんばれ ちびゴジラ』より

あらあら、こんどは木にぶつかってしまったようです。

「えーん えーん」と泣きながらも、こんどは「ボーッ!」と火を吹いています。


心やさしいちびゴジラは悲しいおはなしを読んで泣いてしまいました。

やっぱり泣きながらも火を吹いてるちびゴジラ。火まで悲しそうに「ボッ ボッ ボッ」


こんどはかいじゅうたちとのかけっこ。

がんばったけれどビリになっちゃいました。負けず嫌いのちびゴジラはまた泣いてしまいましたね。

こんどは悲しいながらも、くやしさがこみあげてきているのか「ピューツ!」と大きめな火を吹いています。

何をしてもすぐ泣き、火を吹いてしまうちびゴジラですが……。

ともだちとかけっこして、ビリになるちびゴジラ
『がんばれ ちびゴジラ』より

「でもね ぼくが おもいっきり なけば」
と言って……

大きな火を吹き始めました。
火はどんどん大きくなってきて……。

キレイな花火が打ち上がりました。

これには怪獣の仲間たちも大よろこび。みんなとってもうれしそうですね!

みんなをよろこばせることができて、自信がついたちびゴジラ。このページはそんなちびゴジラの気持ちをあらわすように、元気いっぱいに読むといいですよ。

泣きながらではなく、にこにこ笑顔で火を吹くちびゴジラを見せてあげるのも忘れずに、裏表紙まで1ページずつゆっくり見せてあげて、お話を終わりにしましょうね。

文章量が多くないので、ゆっくり丁寧に読み進めるとよいと思います。子どもたちはそれぞれの火を吹く音を楽しんでくれるので、いっしょに火を吹くまねをしても楽しいです。

ちびゴジラの気持ちをあらわすように、ページの背景色が変わっていくのにもご注目ください!

ゴジラ好きのみなさんはもちろん、まだゴジラを知らない子どもたちへのゴジラとの出会いの第一歩にもなる絵本です。

●今回読んだ本

『がんばれ ちびゴジラ』
作:さかざきちはる 講談社

●プラス1冊

『なかよし ちびゴジラ』
作:さかざきちはる 講談社

ちびラドンは、そらをとべる。ちびモスラは、はねがとってもきれい。ちびアンギラスは、とげとげがかっこいい。みんながうらやましく思えてしかたない、ちびゴジラは……?

本とあそぼう 全国訪問おはなし隊

たくさんの絵本を積んだ2台のキャラバンカーで各都道府県を巡回し、幼稚園、保育所、小学校や図書館、書店などを訪問している、「本とあそぼう...