2021.08.20

約8割のママが「負担」と回答 夏休みのごはん事情を徹底調査!

子どものごはんにお惣菜&コンビニはあり?なし?〔コクリコラボ第13回〕

著者:コクリコラボ

夏休みのごはん作りについて考えると、つい気が重くなる……というママは多いのではないでしょうか?

コクリコラボでは、「夏休みのごはんどうしてる?」というテーマでアンケート調査(※)、座談会を実施。ごはん作りの実態や、スーパー・コンビニのお弁当・お惣菜の活用状況などについて、ママたちの本音やアイデアを探ってみました。

※「子育て×夏休みアンケート調査」

ママの社会復帰を支援するサービス「AnyMaMa(エニママ)」登録者を対象に2021年6月22日〜7月12日、インターネット上で実施。有効回答数は第1回40件、第2回138件

9割のママが夏休み中のごはんを「ほぼ毎日」準備している

子育て×夏休みアンケート調査、「夏休み中のごはん作り」についてのアンケート結果

夏休み中は給食ももちろんおやすみ。自宅で子どもの昼食を「毎日作る・ほとんど作る」と回答したママはなんと91%にのぼりました。ほとんどのママが、夏休み中ほぼ毎日子どものお昼ごはんを作っているのですね。

夏休みのごはんの準備を負担に感じているママは約8割

子育て×夏休みアンケート調査「夏休みのごはん作りの負担」についてのアンケート結果

つづく「夏休みのお子さまのごはん作りに負担を感じますか」という問いに対し、「とても負担に感じる・負担に感じる」と回答したママの割合は77%。約8割ものママが、ごはん作りに対して何らかの負担やストレスを抱えていることが判明しました。

アンケート後に5名の子育て中のママを集めて実施した座談会では、
ごはん作りは苦ではないが、作ったメニューを食べなかったり、「今食べた△△より◯◯がよかった」などと文句を言われるのがストレス。(Iさん)

毎日メニューを考えるのが嫌。1週間の献立を立てるようにしている。(Hさん)

などといった本音がどんどん飛び出します。ママたちにとって「ごはん作り」はさまざまな負担やストレスをともなっていることが分かりますね。

抵抗のないママは3割弱 コンビニ・スーパーのごはんはあり? なし?

「利用しているけれど抵抗がある」というママたちのジレンマが浮き彫りに

子育て×夏休みアンケート調査、「スーパーのお惣菜やコンビニの利用」についてのアンケート結果

毎日のごはん作りに負担を感じている、という実態や本音が見えてきましたが、ママたちはコンビニのお弁当やスーパーのお惣菜をどの程度活用しているのでしょうか? 「よく利用する・時々利用する」と回答したママが53%と過半数を上回り、「全くない」の回答は1割弱にとどまりました。

子育て×夏休みアンケート調査、「スーパーのお惣菜やコンビニの利用に対する抵抗感」のアンケート結果

一方で、「コンビニのお弁当やスーパーのお惣菜に抵抗があるか」というアンケートでは44%のママが抵抗を感じているという結果に。座談会でも、

添加物や値段が気になります。(Iさん)

夕飯まで作っている時間がないときに使いますが、それ以外はなるべく作りおきを工夫して出すようにしています。(Oさん)


など、なるべく使わずに作るようにしているという意見がほとんどでした。

コンビニ・スーパーのごはんを味方にするには? ママたちのアイデア

コンビニやスーパーのごはんを取り入れることへの抵抗感が減らせたら、夏休みのごはん作りがちょっとラクになるかもしれません。ここからは、アンケートや座談会で寄せられたママたちのアイデアをご紹介します。

アイデア(1)考え方・とらえ方を変えてみる

利用することはあまりないのですが、それでもコンビニごはんやスーパーの総菜で済ませるときは、特別な日としてみんな自由に好きな物を楽しむ! ということにしています! (アンケート回答より)

公園に遊びに行くときだけのお楽しみにしています。(アンケート回答より)

コンビニやスーパーのごはんに頼る日は、抵抗感や罪悪感を手放して思い切り楽しむ! と決めてしまうのはいかがでしょうか? 子どもにとってはちょっとした非日常感を味わえる、楽しい機会になるかもしれません。また、「◯◯の日はお惣菜やお弁当に頼る」と割り切ってしまうのも手。毎日「今日はどうしよう……」と迷うよりも、精神衛生上よさそうです。

アイデア(2)食卓に出すときにひと手間・ひと工夫加える

余裕があれば皿に盛り付けるようにしています。(アンケート回答より)

お弁当などの市販品で完結することのないように、お米や小鉢は家で用意し、お惣菜は一品取り入れる……といった使い方にしています。(アンケート回答より)

たくさんのママから寄せられたのが、「野菜や味噌汁を別添えする」という声。トマトやきゅうりなど、切るだけで出せる野菜を冷蔵庫に常備しておくと気持ちが楽になりますね。また、「買ってきた容器からお皿に移し替える」というママも多くいました。プラスチック容器のままだとなんとなく雑な気がしてしまう……という場合は、お皿にキレイに盛りつければモヤモヤが軽減するかもしれません。

夏休みのお昼ごはん事情は切実

アンケートで「お昼ごはん問題が切実」と回答してくれたママがいました。献立を決める、買い出しにいく、調理する、食器を洗う……ごはん作りは間違いなく大仕事! まずはごはんを日々準備しているご自身をねぎらってくださいね。この記事が「コンビニやスーパーのごはんをうまく取り入れてみよう」と思えるきっかけになることを願っています。

著者紹介

コクリコラボ こくりこらぼ

コクリコとAnyMaMa LIFESTYLE.Labが協働で、子育て課題解決×読書文化を目指すプロジェクト「コクリコラボ」。
ママの社会復帰を支援するサービス「AnyMaMa(エニママ)」で活躍するママたちのリアルな声を集めながら、新たなサービスや取り組み、ライフスタイルのアイデアを生み出していきます。
(Any MaMaについてはこちら:anymama.jp Twitter: @AnyMaMaJP )​