11月12日 ウルトラマンオーブ ナオミの嫉妬心が鬼の封印を解いてしまう!

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 11月12日(2016年)

テレビマガジン編集部

ナオミが戀鬼(紅蓮鬼)を止める

翌日、ナオミたちは陽子の結婚式会場であるホテルに行き、ここに戀鬼(紅蓮鬼)が現れるため、式を中止して逃げるよう説得する。しかし、戀鬼(紅蓮鬼)が出現するという証拠はなく、陽子も新郎もナオミの言うことを信じなかった。しかし、その後ナオミのハイヒールを履いた戀鬼(紅蓮鬼)が出現。やはり、戀鬼(紅蓮鬼)はナオミの心に作用して復活してしまったのだ。

ナオミは陽子に逃げるよう言うが、陽子は巨人を目の前にしてもその場から離れようとしない。ガイはウルトラマンオーブ ハリケーンスラッシュに変身。その後、ウルトラマンオーブ オーブオリジンになり、敵の侵攻を食い止めようとする。自分がやりたいことをやってきたナオミだったが、SSPの運営もうまくいっておらず将来について不安な日々を過ごしていた。そんな中、幸せそうな陽子を見たナオミは、陽子への嫉妬心が芽生え、戀鬼(紅蓮鬼)を目覚めさせてしまったのだ。ナオミはそのことを陽子に告げ、謝罪する。

しかし、陽子はナオミの気持ちが分かると答えた。すると、オーブが戀鬼(紅蓮鬼)に押され、倒れてしまう。ホテルを破壊しようとする戀鬼(紅蓮鬼)。しかし、ナオミは危険を顧みず、戀鬼(紅蓮鬼)に近づく。ジェッタとシンが、想い石のおかげでカップルになった男女がお礼をする映像を見せると、ナオミは説得をはじめた。そして、ナオミの訴えを聞いた戀鬼(紅蓮鬼)は、攻撃を止める意思を示すと、オーブの必殺技で撃破されたのだった。

怨霊鬼 戀鬼(紅蓮鬼)

ナオミの説得を受け、自らの意思でオーブに浄化された  ©円谷プロ PHOTO/講談社
【ウルトラ怪獣事典】
怨霊鬼 戀鬼(紅蓮鬼)

身長/51メートル
体重/5万1000トン

戦国時代に姫と愛し合いながらもその仲を引き裂かれ、最後は裸足で命を落とした武将が、幸福な恋人たちに嫉妬し、花嫁を傷つける怨霊鬼となった姿。偉大な法師によって想い石に封印され、それ以降は霊力で他人の幸せを叶えるようになっていた。しかし、ナオミの嫉妬心によって目覚め、再び幸福な花嫁を傷つけようとしてしまう。

登場エピソード:『ウルトラマンオーブ』第19話「私の中の鬼」(2016年11月12日放送)
脚本:三浦有為子/監督:武居正能

今回紹介したエピソードはウルトラサブスク「TSUBURAYA IMAGINATION」で配信中。ウルトラマンシリーズが見放題になる動画配信サービスです。
TSUBURAYA IMAGINATION
『GUTS-SELECT交流記 ~帰ってきた特務3課~』『ウルトラマンティガ外伝 古代に蘇る巨人』『ウルトラゾーン』配信中!!

11月12日はナオミが戀鬼(紅蓮鬼)を目覚めさせてしまった日

11月12日は、ナオミの嫉妬心が戀鬼(紅蓮鬼)を目覚めさせてしまった日。ナオミの気持ちが分かると言った陽子。実は、彼女の夫の両親はふたりの結婚に反対しており、夫はホテルチェーンの経営から外され、陽子も大好きなホテルの仕事を辞めざるを得なくなってしまっていました。そして、全財産を投資して建てたのが、陽子が離れようとしなかったホテルだったのです。

夫とホテル以外は何も持っていない自分に対し、ガイたち信頼できる仲間が大勢いるナオミが羨ましいとも言う陽子。それでも、ナオミが言った「自分の幸せは自分で決める」という言葉を繰り返す陽子に対し、ナオミは今度こそ、心から彼女の結婚を祝うのでした。
※この記事は『ULTRAMAN ウルトラマン&怪獣手帳 2023』をもとに構成しています。
©円谷プロ

テレビマガジン ウルトラマンシリーズの最新刊

『テレビマガジン デラックス 決定版 ウルトラ怪獣大集合 パーフェクト超百科 増補改訂』定価:1980円(本体1800円)
ウルトラQからウルトラマントリガーまでの全怪獣・宇宙人、1495体を掲載!
23 件
てれびまがじんへんしゅうぶ

テレビマガジン編集部

日本初の児童向けテレビ情報誌。1971年11月創刊で、仮面ライダーとともに誕生しました。 記事情報と付録の詳細は、YouTubeの『テレビマガジン 公式動画チャンネル』で配信中。講談社発行の幼年・児童・少年・少女向け雑誌の中では、『なかよし』『たのしい幼稚園』『週刊少年マガジン』『別冊フレンド』に次いで歴史が長い雑誌です。 【SNS】 X(旧Twitter):@tele_maga  Instagram:@tele_maga

日本初の児童向けテレビ情報誌。1971年11月創刊で、仮面ライダーとともに誕生しました。 記事情報と付録の詳細は、YouTubeの『テレビマガジン 公式動画チャンネル』で配信中。講談社発行の幼年・児童・少年・少女向け雑誌の中では、『なかよし』『たのしい幼稚園』『週刊少年マガジン』『別冊フレンド』に次いで歴史が長い雑誌です。 【SNS】 X(旧Twitter):@tele_maga  Instagram:@tele_maga