7月14日 絶体絶命の危機に、大空大地がウルトラマンエックスとユナイト!

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 7月14日(2015年)

テレビマガジン編集部

大地がエックスとユナイト!

大地は瓦礫に紛れたゴモラのスパークドールズを発見するが、すぐ目の前にデマーガが迫っていた。すると、ジオデバイザーから「ユナイト……ユナイト……」という声が響いていることに気づく。そして、デマーガが炎球を大地に発射。しかし、大地の頭上に光が現れ、彼を守った。そして、その光は大地のジオデバイザーに入り、ジオデバイザーはエクスデバイザーに進化。すると、光の巨人が姿を現した。

大地は目を開くと、謎の空間にいた。そして、「行くぞ、大地!」と謎の声に話しかけられる。ふと足元を見ると、地面との距離が遠い。高所恐怖症の大地は怖がるが、謎の声に「高くない。巨大化したんだ」と説明を受ける。大地は、巨人と一体化したのだ。そして、デマーガが迫る。

デマーガに襲われ、怯える大地は戦えない。しかし、地上で自分のことを探すアスナに向けられた攻撃を咄嗟に防御したことで、大地は自らを奮い立たせた。立ち上がった巨人はデマーガに挑み、攻撃を開始。しかし、タイムアップが近づいていた。神木正太郎隊長は、隊員たちに巨人の援護を命令。仲間達の援護でピンチを脱した大地は、必殺技のザナディウム光線を発動。デマーガをスパークドールズに戻すことに成功したのだった。

ウルトラマンエックス

普段は大地のエクスデバイザーに宿り、大地と会話することができる  ©円谷プロ PHOTO/講談社
【ウルトラヒーロー事典】
ウルトラマンエックス

身長/45メートル
体重/4万5000トン

自らをデータ化し、その魂を大地のエクスデバイザーに宿したウルトラマンで、大地とユナイト(一体化)することで、実体化する。必殺技のザナディウム光線は、怪獣をスパークドールズに戻すことができる技だ。また、Xioが開発したサイバーカードを利用し、怪獣の力を持った「モンスアーマー」を装着することが可能。

初登場エピソード:『ウルトラマンX』第1話「星空の声」(2015年7月14日放送)
脚本:小林雄次/監督:田口清隆

今回紹介したエピソードはウルトラサブスク「TSUBURAYA IMAGINATION」で配信中。ウルトラマンシリーズが見放題になる動画配信サービスです。
TSUBURAYA IMAGINATION
『ウルトラギャラクシーファイト 運命の衝突』『ウルトラファイトクラブ』『続・ウルトラファイト』国内独占配信中!!

7月14日は大地が初めてエックスとユナイトした日

7月14日は、街にデマーガが出現。大地がウルトラマンエックスとユナイトしたエピソードの日。巨人のことを「未知の超人」という言葉で表現した大地。そこから、巨人はウルトラマンエックスと呼ばれることになりました。

大地とエックスの戦いが、ここにはじまったのです。
※この記事は『ULTRAMAN ウルトラマン&怪獣手帳 今日もウルトラ怪獣日和 2022』をもとに構成しています。
©円谷プロ

テレビマガジン ウルトラマンシリーズの最新刊

『テレビマガジン デラックス 決定版 ウルトラ怪獣大集合 パーフェクト超百科 増補改訂』定価:1980円(本体1800円)
ウルトラQからウルトラマントリガーまでの全怪獣・宇宙人、1495体を掲載!
23 件

テレビマガジン編集部

日本初の児童向けテレビ情報誌。1971年11月創刊で、仮面ライダーとともに誕生しました。 SNS:テレビマガジンX(旧Twitter...