6月15日 ウルトラマンタロウ 捨て子の怨念が怪獣を生んだ!?

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 6月15日(1973年)

テレビマガジン編集部

『ウルトラQ』『ウルトラマン』の放送が開始され、ウルトラ怪獣が登場した1966年以来、半世紀以上にわたって脈々と続くウルトラマンシリーズ。作品ごとに子どもたちは、現実とフィクションとを一体に感じ、日々、ウルトラヒーローや怪獣たちに夢中になっていた。

あの日、あの時、胸躍らせて目撃したのは何だったのか? 今回取り上げるのは「6月15日」(1973年)。

バサラと戦うウルトラマンタロウ  ©円谷プロ PHOTO/講談社

1973年4月6日より放送が開始された『ウルトラマンタロウ』。ウルトラの父と、ウルトラの母の実子であるウルトラマンタロウは、宇宙科学警備隊ZAT(ザット)の隊員である東 光太郎と一体化し怪獣や宇宙人と戦う。

ある梅雨の日の夜、ふたりの警官が血を吸われて殺害される事件が発生する。調査の結果、それは謎の赤い吸血花によるものだということが判明。光太郎は調査の中で、親に捨てられて養母との折り合いが悪い、かなえという少女と出会う。しかしその後、かなえが吸血花を配っているところを目撃するのだった。
「ウルトラ怪獣日和」、今日は何の日?

捨て子塚で人間が吸血される事件が発生

1973年6月15日は『ウルトラマンタロウ』第11話「血を吸う花は少女の精」が放送された日です。「捨て子塚」という、親に捨てられ、命を落としてしまった子どもたちを供養する塚があった。そこでは近ごろ、人が体の血を吸われて死ぬという謎の殺人事件が相次いで発生していた。ある雨の夜、パトロールをしていたふたりの警官が赤ん坊の鳴き声を聞き、捨て子塚のある寺の中に入ると、やはりそこで血を吸われて殺されてしまう。

翌日、光太郎は調査のために寺にやってきた。しかし、とくに怪獣が出現した痕跡はない。すると、光太郎は花を抱えて道路に飛び出す少女を目撃。その少女・かなえを自宅に送り届けようと家の場所を聞くが、かなえはでたらめな場所を伝え、挙句の果てには光太郎の下宿先である白鳥家や大空まで自分の家だと指差し、困ってしまう光太郎。すると、ちょうど森山隊員がやってきた。母親代わりの長女・さおりが合宿で家を空けていたため、白鳥家の家事を手伝いに来たのだ。一旦かなえを家に入れ、かなえにおやつをあげたさおりの弟・健一は、かなえから赤い花を貰った。

その後、かなえの素性が判明する。かなえは親に捨てられて施設にいたが、2ヵ月前に里子に出されたらしい。そして今は、岩坪という子どものいない資産家の夫婦のもとで暮らしているという。光太郎は岩坪邸にかなえを送り届けるが、岩坪夫人からは、かなえへの愛情が感じられなかった。子どもがいない岩坪夫妻は世間体のために、かなえを引き取ったのだと感じる光太郎。

その夜、捨て子塚の花が蔦を伸ばし、白鳥家に侵入。かなえが健一にプレゼントした花と合体し、健一や森山を襲う。しかし、たまたま通りかかった酔っ払いによって蔦が引きちぎられ、ふたりはことなきを得た。
次のページへ捨てられた子どもの怨念か 蔦が怪獣となる
23 件