『世の中への扉 ぼくの仕事場は富士山です』

著:近藤 光一

0 件
発売日 2011/07/05
価格 定価:1,320円(本体1,200円)
ISBN-13 9784062169585
判型 四六
ページ数 178ページ

富士山は日本一の先生です。気づけば500回近く登っていた――。山登りなんて興味のなかった男を夢中にさせた富士山は、自然のきびしさとすばらしさや、人の心の温かさを教えてくれる!


富士山は日本一の先生です。
気づけば500回近く登っていた――。山登りなんて興味のなかった男を夢中にさせた富士山は、自然のきびしさとすばらしさや、人の心の温かさを教えてくれる!

富士山には、山開きをしている夏のたった2か月の間に、40万人以上の人が登ります。ふもとに生まれ、富士山の登山ガイドをしている近藤光一さんは、日本一高い富士山には、人をひきつける不思議な力があるといいます。人の力のおよばない自然=富士山に500回近く登っている近藤さんだからこそ見えたもの。それを知ると、富士山だけでなく、今ある身近な自然を守るにはどうしたらいいか、もっともっと考えたくなります。

序章 なぜ、富士山に登りたくなるのか 第1章 富士登山ブームのかげに 温暖化の知られざる影響 第2章 かけだしガイドとして 虚勢をはって無我夢中 第3章 過去から未来につなぐ 自然、歴史、信仰、そして世界遺産への夢 第4章 最初に扉を開ける人になる 新しい少人数ツアーを作る 第5章 五合目から登ってみよう 感動のご来光、そして日本最高峰へ 第6章 これからの富士山 ゴミ問題から考える本当のエコ、そして心をつなぐガイドへ 終章 日本の宝物を未来へ

書店在庫を見る

オンライン書店

関連シリーズ