ブックマーク

『小説 大怪獣のあとしまつ』

著:時海 結以 その他:三木 聡

0 件
発売日 2022/01/27
価格 定価:770円(本体700円)
ISBN-13 9784065264348
判型 新書
ページ数 208ページ

誰もが知る”巨大怪獣”の誰も知らない”死んだ後”の物語。
三木聡監督、脚本、松竹&東映が初めてタッグを組んだことでも話題の、2022年公開映画作品を完全ノベライズ!

暴れ狂う大怪獣に、逃げ惑う人々。
突如、ヒーローが現れて世界を救うーー。
子どものころに誰もが憧れた、お決まりの、お約束の展開。
しかし、倒された怪獣の死体処理は、果たしてどうなっていたのか?
誰が、いつ何時、どんな方法でーー。
前代未聞の緊急事態を前に立ち上がった、ある男の”極秘ミッション”をめぐる空想特撮エンターテイメントを、小説に!

著者:時海結以
長野県生まれ。遺跡の発掘や歴史・民族資料の調査研究職にたずさわった後、作家デビュー。おもな著書に、『紫式部日記 天才作家のひみつ』『ちはやぶる 百人一首恋物語』『小説 ちはやふる 中学生編(全4巻)』(すべて講談社)ほか。日本児童文学者協会、日本民話の会所属。

脚本:三木聡
1961年神奈川県出身。大学在学中から放送作家として活動し、「ダウンタウンのごっつええ感じ」「タモリ倶楽部」などのバラエティ番組を手がけ確固たる地位を築く。『イン・ザ・プール』で長編映画監督デビュー。『亀は意外と速く泳ぐ』『ダメジン』『図鑑に載ってない虫』『転々』『インスタント沼』『俺俺』『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』などを監督。テレビドラマでも「時効警察」シリーズを筆頭に「熱海の捜査官」など、オリジナリティあふれる作品を作り出し、熱狂的なファンを持つ。

書店在庫を見る

オンライン書店

おすすめ既刊

    もっと見る