【子連れで初Bリーグ】「子どもが一番楽しめるスポーツ観戦かも」とママが思った6つの理由

応援練習にルール解説もあり! 観戦初心者に優しい配慮がいっぱい

垣内 千夏

子連れ観戦の注意点

子どもにも観戦初心者にも優しいBリーグですが、子連れ観戦ならではの注意点もあります。

大きな音にびっくり

会場内は音楽や試合のブザー、応援の声など、常ににぎやかな環境です。

ハーフタイムには暗闇になり、音や光を駆使した演出もあります。まるで音楽イベントのような華やかで迫力ある演出に、大人の私はテンションが上がりました!

しかし、5歳の娘は大きな音にびっくりしてしまい、手で耳をふさいでいました。

小さな子どもや大きな音が苦手な子どもは、会場内の大きな音にびっくりするかもしれません。

音対策としてイヤーマフがあると安心です。

トイレは混雑するので計画的に

試合の休憩時間やハーフタイムにはトイレがとても混雑するため、子連れ観戦では要注意です。子どもの「トイレが間に合わない」という事態になると、観戦どころではなくなってしまいます……。

席についたらまずトイレの位置を確認し、試合前には必ずトイレをすませておきましょう。

広島サンプラザホールは、トイレの個室数が少ないこともあり、休憩のたびに長蛇の列ができていました。会場の個室数によっても混雑具合が変わるかと思います。

偶然、同じ会場で観戦していた知り合いのベテラン観戦者のかたは、オフィシャルタイムアウト中にトイレに行ったとのこと(なるほど!)。トイレの混雑を避けるなら、タイミングをずらす方法もおすすめです。

※オフィシャルタイムアウトとは、第2クォーターと第4クォーターそれぞれ残り5分を切ってから、はじめてプレーが途切れたときに自動的に与えられる90秒間のタイムアウトです。

タイムアウト中の姿も格好いい。  写真提供:広島ドラゴンフライズ

また行きたい! と思えたBリーグ初観戦

はじめてのBリーグ観戦だったため、「子どもが飽きたら帰ろう」という心構えだったのですが、けっきょく選手が手を振って退場する最後の最後まで楽しみました!

選手・スタッフ、そして観客もスタンディングオベーションで見送ります。  写真提供:広島ドラゴンフライズ

息子に観戦の感想を聞いてみると「応援がたのしかった!」とのことです(フリースローのブーイングも習得していました)。

娘はというと、試合そのものを楽しむにはまだ早かったようですが、プログラムの朝山正悟(あさやましょうご)選手を指さし、「この人が格好いい!」と推し選手を見つけていました。

娘の推し、朝山正悟選手。今シーズンで引退されるそうです(涙)。  写真提供:広島ドラゴンフライズ
私の推しはドウェイン・エバンス選手。おしゃれな髪型がステキ!  写真提供:広島ドラゴンフライズ

応援に参加したり、推し選手を見つけたりなど、それぞれの楽しみかたでBリーグ初観戦を満喫しました。子どもと一緒に応援して盛り上がることも新鮮な体験でした。

息子も娘も「また行きたい!」といっているため、我が家では家族の共通の趣味としてBリーグ観戦を楽しみたいと思います(あ、夫も誘わないと……)。

子連れでスポーツ観戦はハードルが高いと感じているパパ・ママは、ぜひ子連れ&観戦初心者に優しいBリーグ観戦からはじめてみてはいかがでしょうか。

49 件
かきうち ちなつ

垣内 千夏

Chinatsu Kakiuchi
AnyMaMa(エニママ)ライター

2歳差の兄妹(2016年、2018年生まれ)を育てる母。夫の転勤に同行して全国を転々としている転勤族。2人目の出産を機に、フリーランスライターとして活動開始。ライフスタイルやビジネスなど、さまざまなジャンルの記事制作を担当。 AnyMaMa:https://anymama.jp/ Twitter:https://twitter.com/AnyMaMaJP

2歳差の兄妹(2016年、2018年生まれ)を育てる母。夫の転勤に同行して全国を転々としている転勤族。2人目の出産を機に、フリーランスライターとして活動開始。ライフスタイルやビジネスなど、さまざまなジャンルの記事制作を担当。 AnyMaMa:https://anymama.jp/ Twitter:https://twitter.com/AnyMaMaJP

こくりこさぽーとえでぃたーず

コクリコサポートエディターズ

Cocreco Support Editors
編集者・ライター

コクリコサポートエディターズ(CSE)は、コクリコの第2編集部。コクリコと、ママの社会復帰を支援するサービス「AnyMaMa(エニママ)」が協力して立ち上げました。子育てをしながら、ほかのお仕事をしながら……など、さまざまな立場で、子どもとの毎日が楽しくなる記事を発信していきます。 AnyMaMa公式HP:https://anymama.jp/  X:https://twitter.com/AnyMaMaJP Instagram:https://www.instagram.com/anymama_official/

コクリコサポートエディターズ(CSE)は、コクリコの第2編集部。コクリコと、ママの社会復帰を支援するサービス「AnyMaMa(エニママ)」が協力して立ち上げました。子育てをしながら、ほかのお仕事をしながら……など、さまざまな立場で、子どもとの毎日が楽しくなる記事を発信していきます。 AnyMaMa公式HP:https://anymama.jp/  X:https://twitter.com/AnyMaMaJP Instagram:https://www.instagram.com/anymama_official/