「不登校」のキミへ… 小中学時代に絶望した「世界的ロボット開発者」のメッセージ “好きなこと“が必ずキミを救う

シリーズ「不登校のキミとその親へ」#2‐1 分身ロボット開発者・吉藤オリィ氏~子どもたちへ~

ロボットコミュニケーター:吉藤 オリィ

吉藤オリィ氏(左)が開発した分身ロボットOriHime D(右)。東京・日本橋の「分身ロボットカフェ DAWN ver.β」ほか、期間限定キャラバンなどで実際に触れ合える。  写真:日下部真紀

小中高校生の不登校児数は約30万人(2021年度文科省調べ)と過去最多。もはや社会問題とされている不登校。

世界的な賞を多数受賞してきた分身ロボット開発者・吉藤オリィさんも、かつて不登校で苦しみぬいた一人。当時は「消えてしまいたい」と心底願うほどつらい日々だったと言います。

不登校に迷う子どもたちへ。オリィさんからのメッセージを聞いてみよう。

※1回目(全4回)

吉藤 オリィPROFILE
1987年奈良県生まれ。株式会社オリィ研究所共同創設者代表取締役 所長。ロボットコミュニケーター。分身ロボット開発者。小学5年から中学2年まで不登校。2022年、コンピューター界のアカデミー賞と言われる世界的な賞「アルスエレクトロニカ ゴールデンニカ」ほか、受賞多数。「孤独の解消」を人生のテーマに、分身ロボット「OriHime」を開発・普及に務める。趣味は折り紙。

あのころの自分はミライに絶望していた でも

小学校5年から中学校2年まで不登校だった。いくつかの原因が重なって学校に行けなくなって、毎日部屋の天井ばっかり見ていた。あのころの苦しさは、言葉では言い表せない。もう二度と経験したくない。

私は今、仲間と開発した分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」を広げる活動をしている。目的はひとことで言うと、すべての人の「孤独」を解消することだ。

障害や病気、介護などで行きたいところに行けない人にとって、「OriHime」はもうひとつの身体になってくれる。仲間と同じ時間を過ごせるし、仕事やコミュニケーションを通じて誰かの役に立つこともできる。

天井ばっかり見ていたころの自分は、自分にミライはないと思っていた。勉強もどんどん遅れていくし、同級生たちができていることができない自分を責め続けた。

最初のうちは、親も「学校に行かなくて将来はどうするんだ」なんて言ってくる。心配してくれているのはよくわかるけど、「将来」の話を持ち出されるのはつらかった。

自分を救ってくれたのは、小さいころから大好きだった折り紙だ。一日15時間ぐらい折り続けていた。

中学1年生のときに母親が、「折り紙が好きなら、ロボットも作れるだろう」と考えて、「虫型ロボット競技大会」というコンテストに応募して「出てみれば」と言ってくれた。その大会で優勝したことが、今の「OriHime」につながっている。

どんなことでもいい。好きなもの、夢中になれるものは、必ずキミの力になる。逆に言うと、嫌いなことを我慢してややっても得意な人には叶わない。今はそういう時代。

人それぞれで自分は自分なんだから、無理してまわりに合わせなくてもいい。それは自分自身を追い詰めるだけだ。

ミライに絶望していた私だけど、それなりに楽しいミライが訪れている。そのころに自分が想像していたことなんて、何ひとつ当たっていない。世の中の「常識」とされていることも、どんどん変わった。

ほんの10年前まで、とくに仕事の場面では「不登校だったことは隠しておいたほうがいい」と言われた。今はこうして、積極的に話している。

迫害の対象だったオタクは今やホメ言葉だし、発達障害だって才能だと言われる時代に変化した。

自分も変わるし、世の中も変わる。「好きなこと」からつながっていく経験や出会いが、想像を超えたミライを連れてきてくれるはずだ。

キミのそのミライは、間違いなく楽しい。


取材・文/石原壮一郎

サステナブル(続ける)をテーマに、オリィさんの開発した「OriHime」、魚を逃がす漁師、しあわせを運ぶチョコレートなど、ノンフィクションストーリー3本を記した『世界でいちばん優しいロボット』(岩貞るみこ/講談社)
オリィさんの大人気講義「これからの時代に知っておくべき考え方」を書籍化した『ミライの武器 「夢中になれる」を見つける授業』(吉藤オリィ/サンクチュアリ出版)

★京都に期間限定で分身ロボットカフェが登場!【2023年12/6(水)〜】

「OriHime」と実際に触れ合える「分身ロボットカフェDAWN ver.β 」が、京都・河原町御池に期間限定(2023年12/6水〜20水)でオープン。リアルで「OriHime」を見て触れてみるチャンスだ!
詳細はこちら

【関連サイト】
オリィ研究所公式HP
分身ロボットカフェ「DAWN」Ver.β公式HP
・X(旧Twitter)オリィ研究所@人類の孤独を解消する 
@OryLaboratory
・X(旧Twitter) 分身ロボットカフェ『DAWNver.β』 
@DAWNcafe2021
・X(旧Twitter) 吉藤オリィ@分身ロボット 
@origamicat

よしふじ おりぃ

吉藤 オリィ

Ory Yoshifuji
ロボットコミュニケーター

1987年奈良県生まれ。株式会社オリィ研究所共同創設者代表取締役 所長。ロボットコミュニケーター。分身ロボット開発者。 小学5年...

いしはら そういちろう

石原 壮一郎

コラムニスト

コラムニスト。1963年三重県生まれ。月刊誌の編集者を経て、1993年に『大人養成講座』でデビュー。以来、数多くの著作や各種メディアで...