緊張したときに知っておきたい3つのステップ

竹内さん「緊張すると硬くなるのは喉、口の周り、舌の3つの部分です。声がよく出るよう、次の3ステップでほぐしていきましょう」

1.口を開けて、エレベーターが下に降りていくように、喉の奥の方に向かって舌を下げる。
2.『ぶー』と声を出しながら唇をぷるぷる震わせ、次に舌を口の中でまわす。
3.「るるるるる」と早口で言ってから、『りる』『りる』と繰り返し言う。

竹内さん「1つめは、口を開けて、エレベーターが下に降りていくように、喉の奥の方に向かって舌を下げます。こうすると喉が大きく開きます。
2つめは、唇を柔らかくするために『ぶー』と声を出しながら唇をぷるぷる震わせます。次に舌を口の中でまわしましょう。10まで数えながら、飴玉を転がすみたいにまわして、口の周りを柔らかくしていきます。
3つめは、舌の緊張をとる動きです。巻き舌ができる人は巻き舌をしてみてください。もしくは「るるるるる」と早口で言ってみましょう。舌が緊張した場合は、『らりるれろ』が言いづらくなるのですが、母音の形が遠い『り』と『る』を繰り返すことで、滑舌がよくなります。ですので、『りる』『りる』と繰り返し言いましょう。これで舌の緊張をほぐしていきましょう。

ちなみにこの準備運動は、ぜひお父さん、お母さんも試してみてください。筋トレと一緒で、しっかり練習して準備をすると、いい声は作れるし、きっとプレゼンもうまくいきますよ」

喉のあき方で声の出し方が大きく変わります。  撮影:森﨑一寿美

パパママも知っておきたい、デジタル時代のオンラインプレゼン講座

現在はコロナ禍で、対面でのプレゼン講座の機会が少なくなりました。その代わりに増えているのがZoomなどを使ったオンラインでの授業です。

竹内さん「オンラインでは、日本全国だけでなく、海外にもプレゼン力の授業が届けられるようになりました。また、大人数への対応ができることが大きな魅力です。ただ、授業を重ねてみて思うのは、話す力もまた、オンライン対応を迫られています。

例えば、大人数の中で自分の意見を言うときがありますよね。遠慮をしていると、永遠に自分の番は回ってきません。しかし運転中の車線変更と一緒で、車の流れを見てしまうと入れないけれど、“今だ!” というときにアクセルを踏むと、ぐいっと入れる。人の話をただ聞いているのではなく、他の人が話していても、今だ! と思ったときは、重ねてしゃべるぐらいの強引さが、オンラインでのコミュニケーションが当たり前の今、必要になっていると思います。

他にも、わかっているのか、わかっていないのかが不明な薄い反応ではなく、体全体を使って大きなリアクションで反応する“表現力”や10秒で自分の名前と言いたいことをぐっとまとめる“要約力”もとても大切です。オンラインでは他の人が割り込んできて結論まで話せないこともあるので、まず冒頭で結論をぱっと言えるテクニックも必要ですね。

新型コロナウイルスが落ち着いても、オンライン化されたもの全てが元のリアルのやりとりには戻らないと考えられます。子どものうちからオンラインのやりとりに慣れておくことも、これからの時代の子どもたちには必要だと思います」

全3回にわたり、竹内さんから子どものプレゼン力の大切さを教えてもらいました。「声を出せば日本はもっと元気になる!」と竹内さん。話すことはとてもエネルギーが必要ですが、話せるようになると自信につながります。まずはご家庭で子どもの気持ちを聞く、気持ちを言う、というところからはじめてみてください。

取材・文 上坂美穂

20 件
たけうちあすか

竹内明日香

一般社団法人