2021.07.29

奇想天外のナンセンス絵本『カッパも やっぱり キュウリでしょ?』読み聞かせのコツ

「本とあそぼう 全国訪問おはなし隊」隊長がお教えします

著者:本とあそぼう 全国訪問おはなし隊

読み手 ーーおはなし隊隊長 宇田詔子

※この記事は、講談社絵本通信に掲載の記事を再構成したものです。
 

キャラバンカーに本をたくさん積んで、全国47都道府県におはなしを届ける「本とあそぼう 全国訪問おはなし隊」。
幼稚園や保育所、小学校や図書館、書店など様々な訪問先で、おはなし会を重ねてきたおはなし隊の隊長さんが、子どもたちに人気の絵本の読み聞かせのコツをお教えします!

予想をいつも見事にくつがえしてくれる、シゲタサヤカさんの絵本ワールド。読みながら、え? え? え? の驚きの連続の世界にようこそ。

今回の主人公は、<まないた>でも、<ぼうし>でもなく、カッパです。そして、表紙から驚きの世界がはじまっているのです。カッパがなにかを背負っています。よーく見ても、わかりません。なんでしょう? インパクト絶大です。

『カッパも やっぱり キュウリでしょ?』
作・絵:シゲタサヤカ 講談社

まず、このインパクトのある表紙をよく見せてあげましょう。それから、ふしぎな気持ちをこめて、題名を読みあげましょう。

「カッパも やっぱり キュウリでしょ?」
それを聞いたほうも、頭にたくさんの「?」が浮かぶことでしょう。

そのふしぎそうな顔を見ながら、いよいよページをめくります。見返しでは、カッパがなにかを買っています。なにを買っているんだ、カッパ。
ますます、シゲタワールドの扉を早くめくりたくなります。

「カッパの あたまのなかは、だいたい いつも キュウリのことで いっぱいです。」
このフレーズで、カッパとキュウリの関係性がぐっと強まります。

「やべえ、キュウリが なくなっちまった。」
カッパは、寝る前にキュウリを買いにいきます。

そして、目指したのは「キュウリの じどうはんばいきです。」

え、え、え、キュウリは自動販売機で売ってるの? そして、よく見ると、いろいろな種類のキュウリが。
輪切り、スティック、キュウリソーダ、キュウリソフト、高級キュウリ。

ここもひとつずつ指さしながら、読んでみてもいいですね。

でも、「カッパは いつも わぎりの キュウリ。」
へえ、意外とスタンダードなんだね。

自販機でキュウリが売られている
『カッパも やっぱり キュウリでしょ?』より

「テクテク よみちを かえっていくと、なにやら すご~く きになるものが。」

そして、いよいよ登場したのは、どう見ても、アレ。カッパの相棒、いや宿命の大好物、キュウリ。
こんな大きなキュウリが夜道に落ちていたら、だれでも気になります。どうやら、大きなキュウリは風邪をひいているようです。

今すぐに食べたいけど、ここはがまん。

キュウリが元気になっておいしくなるのを待つことにして、カッパは一生懸命介抱することにします。家に連れて帰り、おかゆや薬を与えたり、ベットを貸してあげて、誠心誠意、看病します。

ここは、カッパのやさしさが伝わるように、やさしく読んであげると良いでしょう。

大きなキュウリを介抱するカッパ
『カッパも やっぱり キュウリでしょ?』より

でもでも、だんだん元気になってくると、なぜかキュウリがまずそうな色に。このあたりから、このキュウリ、なんだろう、何者なんだと思えてきます。

「ハムと キュウリの くみあわせは さいこう!」
なんて、キュウリが言うでしょうか?

そして元気になったキュウリは、家に帰ると言うのです。ちょっと待ったと言わんばかりに、カッパもついていきます。

このあたりの展開は、聞いている人も「?」が頭の中でうずまいているはず。あまり考えるひまをあたえず、テンポよく読んでいってしまいましょう。

疑問に思いつつ、まずそうな色になったキュウリについていく……
『カッパも やっぱり キュウリでしょ?』より

そして、ついに、キュウリの衝撃の正体が暴かれます。

「○○なんだ……」

カッパでなくても、聞き手も読み手も、これは納得がいかないでしょう。納得のいかない、残念な気持ちをこめて、カッパのつぶやきを読みましょう。

そして、あろうことか、元キュウリから、風邪をうつされてしまうカッパ。かわいそうに、つらいだろうに、くやしいだろうに、と泣けてきます。

それなのに、陽気な元キュウリは、キュウリ片手にお見舞いにやってきます。
カッパも やっぱり キュウリでしょ?」って。
このセリフは、ゆっくり読んであげたいですね。

裏心がありつつも、実は心やさしいカッパに、すっかり心をうばわれてしまう一冊です。

そして、陽気な元キュウリも、にくめませんね。

話を読みながら聞いている人の表情も楽しんでみてください。この本のおもしろさが増すと思います。私のお気に入りの一冊です。

●今回読んだ本

『カッパも やっぱり キュウリでしょ?』
作・絵:シゲタサヤカ 講談社

●プラス1冊

「ぼく、このレストランの料理が食べてみたいな〜。」食いしんぼのまな板に、気のやさしいコックはこっそり料理をあげますが、まな板はだんだん太っていって……。

『まないたに りょうりを あげないこと』
作・絵:シゲタサヤカ 講談社

著者紹介

本とあそぼう 全国訪問おはなし隊

たくさんの絵本を積んだ2台のキャラバンカーで各都道府県を巡回し、幼稚園、保育所、小学校や図書館、書店などを訪問している、「本とあそぼう 全国訪問おはなし隊」。1999年7月に、講談社90周年記念事業として、スタートしました。
2007年には第55回菊池寛賞、2018年には、メセナ大賞にも選ばれました。
スタートして以来、通算2万2000回以上の訪問、190万人を超える参加者のみなさん、ありがとうございます。次はあなたの町でお会いできるかもしれませんね!

https://www.kodansha.co.jp/ohanashi/
Twitter:@ohanashitai55