2021.10.21

自然とからだがうごく! 『パンダ ともだちたいそう』 読み聞かせのコツ

「本とあそぼう 全国訪問おはなし隊」隊長がお教えします

読み手 ━━おはなし隊隊長 浦野和美

※この記事は、講談社絵本通信に掲載の記事を再構成したものです。
 

キャラバンカーに本をたくさん積んで、全国47都道府県におはなしを届ける「本とあそぼう 全国訪問おはなし隊」。
幼稚園や保育所、小学校や図書館、書店など様々な訪問先で、おはなし会を重ねてきたおはなし隊の隊長さんが、子どもたちに人気の絵本の読み聞かせのコツをお教えします!

表紙をしっかり見せて、タイトルを読み上げてからおはなしをはじめます。手を取り合うパンダたち。気合を入れているでしょうか? では、読みはじめましょう!

『パンダ ともだちたいそう』
作:いりやまさとし 講談社

パンダが笛の音に合わせて組体操をくりひろげていくので、軽快に読み進めるとよいと思います。

「パンダ ともだちたいそう はじめ!」


号令がかかると2ひきのパンダが背中を合わせました。どんな演技をしてくれるのかな?

「ピーッ!」の後に次のページの「ピッ!」もめくりながら読み、「ピーッ!ピッ!」と続けて読むと、組体操をしている感じがより伝わりやすいですね。

せなかあわせのパンダ 『パンダ ともだちたいそう』より

「ぱりぱり おのりの おにぎり!」
パンダの白黒模様を上手に使って、おいしそうなおにぎりができあがりました。

おいしそうなおにぎり 『パンダ ともだちたいそう』より

「こんどは さんびき。ピーッ!」
おともだちパンダを呼んできて、こんどは3びきで……。

「ピッ!」
「くろぶちの めがね!」
腕を背中にまわし、後ろで手をつなぐ姿もかわいらしい!

「こんどは よんひき ピーッ!」
「ピッ!」
「おひげの りっぱな だるまさん!」

すぐだるまさんと気づく子もいるのですが、わからない子もいるのでゆっくり絵を見せてあげるといいですよ。

5ひき、6ぴき……と、どんどん仲間のパンダが集まってきたところで、あかちゃんパンダも登場してくれました。

「さいごは よちよち あかちゃんパンダ。」
「がんばれ がんばれ。 よいしょ よいしょ。」

パンダさんたちを応援する気持ちで読み進めます。

あかちゃんパンダ登場 『パンダ ともだちたいそう』より

「もう すこし もう すこし。 ピーッ!」

「ピッ!」
「あっぱれ パンダやま!」

パンダたちの堂々とした演技をたたえるように、自然と歓声とともに拍手がわき上がってくることも。

パンダやま 『パンダ ともだちたいそう』

「パンダ ともだちたいそう おわり! ありがとうございましたー!」
「ピーッ!」

全員そろってなかよく終わりのごあいさつ。最後の見返し、裏表紙もゆっくりみせてあげるのも忘れないでくださいね。

全体の演技はもちろんのこと、1ページ、1ページ、それぞれよく見ると、緊張してるパンダ、伸び伸びと楽しそうに演技しているパンダなど、それぞれ表情まで細かく描かれています。軽快に読みつつも、あせらずしっかり絵を見せてあげながら読み進めるといいですね! パンダのがんばりに、子どもからおとなまでいっしょになって応援したくなってしまうこの絵本。ぜひいろんな場面で読んでみてください!

以上、よみきかせのコツ おわり!
ありがとう ございましたー! ピーッ!

●今回読んだ本

『パンダ ともだちたいそう』
作:いりやまさとし 講談社

●プラス1冊

「パンダかぞえたいそう はじめるよ!」1から10まで順番に、いろんなものになりきろう。1は、いちごのたいそう。2は、にわとりのたいそう! 
読み聞かせ2歳から ひとり読み4歳から。

『パンダ かぞえたいそう』
作:いりやまさとし 講談社

本とあそぼう 全国訪問おはなし隊

たくさんの絵本を積んだ2台のキャラバンカーで各都道府県を巡回し、幼稚園、保育所、小学校や図書館、書店などを訪問している、「本とあそぼう...