コツさえつかめば簡単! 風呂敷の花ラッピング

最近、100円ショップでも種類が増えているのが、風呂敷や手ぬぐいなどの布アイテムです。

おぐえさんは、紙以外に、こういった布を使ったラッピングも大得意!

「布を使ったラッピングは、紙と違って何度でもやり直せるので、ラッピング初心者には特におすすめなんですよ」(おぐえさん)

次にご紹介する『花結び包み』は、風呂敷を使ったラッピングです。

箱に入ったギフトを包むときに、ぜひチャレンジしてみてください。

【用意するもの】

撮影:森﨑一寿美

・風呂敷
・箱

【包み方】

撮影:森﨑一寿美

①風呂敷を広げ、その中央に箱を置き、手前、奥、左側を持ち上げる。

【ポイント】
包む箱は、天が上向きになるように置くようにしましょう。

撮影:森﨑一寿美

②左手で持ち上げた3つの角をぐっと下までしぼる。

撮影:森﨑一寿美

③②の左手で握ったまま、右側の布をピンと張るように持ち上げて左側に持っていき、左手で握っている布の根元をぐるっと一周させる。

撮影:森﨑一寿美

④根元を一周させたら、回した角を輪に下から通して結ぶ。

【ポイント】
ここでしっかりと固定したいので、きついかなと思うほど結びましょう。

撮影:森﨑一寿美

⑤結んだ布を開いたのち、1枚ずつ中央の結び目に押し込んでいき、花のような形にする。

【完成!】

撮影:森﨑一寿美

結び目が、花のようにふわっとしていて、かわいらしく仕上がりました。

紙ではないラッピングだと、贈られた側も珍しくて、嬉しくなること間違いなし!

くるっと一周させるところが少し難しいですが、布なので、何度でも練習してみてくださいね。

次のページへ次は、手ぬぐいを使った「リボン包み」をご紹介。
74 件
家事・生活カテゴリーのランキング
人気記事・連載ランキング