『わからん薬学事始1』

著:まはら 三桃

0 件
発売日 2013/02/06
価格 定価:1,320円(本体1,200円)
ISBN-13 9784062694643
判型 四六
ページ数 202ページ

薬の製造を唯一の産業とする島「久寿理島」で、470年間、女子直系一族だった木葉家に突然生まれた男子・草太は、島の人から「ぼっちゃんは天が下さったのです」と言われて、大事に育てられてきた。15歳の春、草太は、その製法が女性のみに受け継がれてきた「気やすめ丸」を万人に効く薬へ改良するために、島の運命を背負って東京へと旅立つ。


薬の製造を唯一の産業とする島「久寿理島」で、470年間、女子直系一族だった木葉家に突然生まれた男子・草太は、島の人から「ぼっちゃんは天が下さったのです」と言われて、大事に育てられてきた。
15歳の春、草太は、その製法が女性のみに受け継がれてきた「気やすめ丸」を万人に効く薬へ改良するために、島の運命を背負って東京へと旅立つ。

一 旅立ち 二 わからん荘の人たち 三 久寿理島のこと 四 和漢学園 五 わからん荘の流儀 六 ブランカ 七 牧野研究室 八 大塔秀有 九 雪さん 十 逃亡マウス 十一 Xクラスへ 十二 母への手紙

書店在庫を見る

オンライン書店

既刊一覧

関連シリーズ