国民的ベストセラー『窓ぎわのトットちゃん』 42年ぶりの続編が刊行!

『続 窓ぎわのトットちゃん』23年10月3日刊行 12月にはアニメ映画も公開

女優・ユニセフ親善大使:黒柳 徹子

国民的ベストセラー『窓ぎわのトットちゃん』のじつに42年ぶりとなる続編、『続 窓ぎわのトットちゃん』が10月3日(火)に刊行されます。

『窓ぎわのトットちゃん』は1981年3月に刊行され、俳優の黒柳徹子さんが子ども時代に出会った、小林宗作先生とトモエ学園での思い出をいきいきと描き、たちまちベストセラーとなりました。

現在までの累計発行部数は日本国内で800万部、全世界で2500万部を突破。20以上の言語で翻訳もされ、日本だけでなく世界中の人々の心を捉え、時代も国境も超えたロングセラーとして、今もなお世代を超えて愛され続けています。

待望の続編『続 窓ぎわのトットちゃん』は、世界中で愛されている、あの“トットちゃん”がその後、どのように大人になっていったかを読むことができる、笑いあり、涙ありの、トットちゃんの青春記です。物語は、トットが青森に疎開してから、音楽学校を卒業してNHKの専属女優になり、ニューヨークに留学するまでの日々が綴られています。

『窓ぎわのトットちゃん』は初のアニメ映画化も決定。この冬、トットちゃんが日本中に感動と愛情を届けます。映画は、2023年12月8日(金)から全国東宝系にて公開です!

【黒柳徹子さんからのメッセージ】
私は、どう考えても『窓ぎわのトットちゃん』よりおもしろいことは書けない、と思っていました。私の人生でトモエ学園時代ほど、毎日が楽しいことはなかったから。だけど、私のようなものの「それから」を知りたいと思ってくださる方が多いのなら、書いてみようかなと、だんだん思うようになったのです。

よし! と思うまで、なんと42年もかかってしまったけど、書きはじめると、笑っちゃうこと、泣いちゃうこと、それから戦争のことも次々に思い出されて……。

【『続 窓ぎわのトットちゃん』の内容】
・東京大空襲の数日後、青森を目指して、ひとり夜行列車に乗ったトットを待ち受けていた試練とは?
・「おめえのジンジョッコ、描いてみろ」。疎開先の学校で、みんなとなかよくなりたいトットが、考えついた方法とは?
・「咲くはわが身のつとめなり」の言葉を胸に、トットが通った女学校や音楽学校の思い出は、映画、オペラ、ラーメン、それから?
・「そのままでいいんです」。NHKの専属女優になりたての、トットが救われた一言とは?
・アルバムからお借りした写真や、いわさきちひろさんの絵もたっぷり。

【著者紹介】黒柳徹子(くろやなぎてつこ) 
東京都生まれ。俳優、司会者、エッセイスト。東洋音楽学校(現・東京音楽大学)声学科卒業後、 NHK専属のテレビ女優第1号として活躍する。『徹子の部屋』(1976年2月~、テレビ朝日)の放送は、同一司会者によるテレビ番組の最多放送世界記録を更新中。

1981年に刊行された『窓ぎわのトットちゃん』(講談社)は、国内で800万部、世界で2500万部を超える空前のベストセラーに。

1984年よりユニセフ親善大使となり、のべ39ヵ国を訪問し、飢餓、戦争、病気などで苦しむ子どもたちを支える活動を続けている。おもな著書に『トットチャンネル』(新潮文庫)、『チャックより愛をこめて』(文春文庫)、『トットちゃんとトットちゃんたち』(講談社)などがある。  

■タイトル:続 窓ぎわのトットちゃん
■著者名:黒柳徹子
■発行:講談社  
■発売日:2023年10月3日  
四六判上製256ページ  
■予価:1650円(税込)
■装画:いわさきちひろ
■装幀:名久井直子

くろやなぎ てつこ

黒柳 徹子

Tetsuko Kuroyanagi
女優・ユニセフ親善大使

東京・乃木坂に生まれる。父はヴァイオリニスト、NHK交響楽団のコンサートマスター。 トモエ学園から香蘭女学校を経て東京音楽大学声楽科...