2021.11.23

5分でできる朝レシピ 『すし酢を活用!ライスサラダ』

親子で美味しい 作り置かない朝ごはん #3

ライター:沖田 沙羅

とっても華やかなライスサラダ。シンプルな味付けなのに、思わずおかわりしてしまう美味しさです。
撮影:井上孝明

一度使ったら中々出番がなく、キッチンで眠りがちの「すし酢」。今回紹介するのは、そんなすし酢を活用したメニューです。

教えてくれたのは料理研究家の村上有紀さん。スタッフ一同、想像以上に美味しい! と唸ったこの一品。是非作ってみてくださいね!

調理方法は切って混ぜるだけ! 

前日に材料を切っておけば、朝起きたらご飯と混ぜるだけ。たった5分で完成します。すし酢を入れることでさっぱりした味になり、寝起きでもさらっと食べられるメニューです。

彩り豊かでパーティーなどにもぴったり! 小さなカップなどに入れて並べるのも可愛くておすすめです。

すし酢を活用!ライスサラダ

【材料 大人2⼈分】
温かいごはん 300g
●すし酢 大さじ2
●オリーブオイル 大さじ1/2
●塩 少々

(具材)
きゅうり 1/2本
ミニトマト 5個
ハム 4枚
グリーンリーフ 適量
ゆで卵 1個

【作り方】

①きゅうりは5mm幅のいちょう切り、ミニトマトは縦4等分、ハムは1.5cm角に切る。

材料は前日に切って冷蔵庫に入れておけば、より時短になります。夕食の準備と一緒に済ませてしまえば、次の日に洗い物が減るので良いですよね。
撮影:井上孝明

②●を混ぜ合わせる。

③ボウルにご飯を入れ、●を加えてしゃもじで切るように混ぜる。

④1を加えてさっくり混ぜる。

⑤器にグリーンリーフを敷き、4を盛る。ゆで卵を飾る。

すし酢が入ってほんのり甘いご飯。トマトの酸味やハムの塩加減が絶妙です。
撮影:井上孝明

野菜も一緒に取れる嬉しいメニュー。お好きな具材を追加して、お好みのライスサラダを作ってみてくださいね。

レシピ考案:村上有紀
会社員時代は経理職、結婚後、家族の健康を考え野菜ソムリエの資格を取得したことをきっかけに「食」の仕事を始める。
料理教室主宰、レシピ開発、講師、CMや広告等のスチール、動画撮影などフードコーディネーターとして活動の幅を広げ、料理からコーディネートまで総合的な視点で食の大切さ、楽しさを伝える活動を続けている。

村上有紀さんのInstagramへはこちら

村上有紀さんのレシピは『おともだち♡ピンク』にも掲載中!

サンリオキャラクター「ミュークルドリーミー」のとっても可愛いイメージレシピを教えていただきました♪

おきた さら

沖田 沙羅

1990年東京生まれ。講談社の幼児雑誌「おともだち」などから出版される書籍の編集・ライティングを担当。SNS用の広告や書籍のレイアウト...