7月31日 ウルトラマンギンガ アイドル志望!?の怪獣・ラゴン登場!

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 7月31日(2013年)

テレビマガジン編集部

『ウルトラQ』『ウルトラマン』の放送が開始され、ウルトラ怪獣が登場した1966年以来、半世紀以上にわたって脈々と続くウルトラマンシリーズ。作品ごとに子どもたちは、現実とフィクションとを一体に感じ、日々、ウルトラヒーローや怪獣たちに夢中になっていた。

あの日、あの時、胸躍らせて目撃したのは何だったのか? 今回取り上げるのは「7月31日」(2013年)。

ジャンキラーと戦うウルトラマンギンガ  ©円谷プロ PHOTO/講談社

2013年7月10日から放送が開始された『ウルトラマンギンガ』。本作は、2011年7月6日から過去の名作を再編集し、当時映画などで活躍していたウルトラマンゼロを進行役とした『ウルトラマン列伝』が、2年間の放送を経てリニューアルされた新番組『新ウルトラマン列伝』内での放送という形がとられた。後に「ニュージェネレーションウルトラマンシリーズ」と呼ばれる新世代ウルトラマンの第1作である。

アイドルのグラビア撮影にカメラマンたちがやって来た。しかし、肝心のアイドルがドタキャン。カメラマンの目に留まった美鈴が、モデルをすることになるが……。
「ウルトラ怪獣日和」、今日は何の日?

美鈴がアイドルの代役に

2013年7月31日は『ウルトラマンギンガ』第4話「アイドルはラゴン」が放送された日です。降星小学校に、アイドルのグラビア撮影をするため、カメラマンがやって来た。しかし連絡が入り、アイドルにドタキャンされてしまう。撮影を見物しにきていたヒカルたちであったが、カメラマンの目に美鈴が留まり、急遽代役を務めることになる。

ぎこちないながらも撮影をはじめる美鈴。それを、アイドルをめざしている千草は複雑な心境で見ていた。美鈴は千草を気遣うが、千草は美鈴を避けるよう、ふるまう。誰にも見つからないように、ひとりで涙を流していた千草。その様子を、バルキー星人(SD)が覗いていた。

その夜、カメラマンの助手の男性が、ラゴン(SD)に遭遇し、撮影を放り出して車で逃げてしまう。カメラマンはヒカルと健太に手伝わせて撮影を続けるが、そこにラゴン(SD)が出現。美鈴を追いまわす。ヒカルは、ラゴン(SD)にタックルしてピンチの美鈴を救う。千草のオーディション情報誌を見て彼女がアイドル志望であった事を思い出していた美鈴は、流れてきたアイドルの曲に反応したラゴン(SD)の正体が千草である可能性に気づく。
次のページへギンガが千草を救出。しかし、謎の敵が現れる
24 件