7月2日 最強!最速!! M78星雲からの新ヒーロー登場! ウルトラマンマックス

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 7月2日(2005年)

テレビマガジン編集部

『ウルトラQ』『ウルトラマン』の放送が開始され、ウルトラ怪獣が登場した1966年以来、半世紀以上にわたって脈々と続くウルトラマンシリーズ。作品ごとに子どもたちは、現実とフィクションとを一体に感じ、日々、ウルトラヒーローや怪獣たちに夢中になっていた。

あの日、あの時、胸躍らせて目撃したのは何だったのか? 今回取り上げるのは「7月2日」(2005年)。

グランゴン、ラゴラスと戦うウルトラマンマックス  ©円谷プロ PHOTO/講談社

2005年7月2日より放送が開始された『ウルトラマンマックス』は、М78星雲からやってきたウルトラマンマックスが対怪獣防衛チームDASHの隊員トウマ・カイトと一体化。平成になってからのTVシリーズではほとんど見られなかった、過去の人気怪獣の再登場が積極的に試みられた作品です。

世界を襲う自然災害。ついに「怪獣」という空想の産物が現実に現れた。怪獣は、増えすぎた人類の個体数を減らすために、人類の天敵として現れたのだ。そして、ついに日本にも怪獣が現れる。
「ウルトラ怪獣日和」、今日は何の日?

グランゴンとラゴラスの2大怪獣が出現!

2005年7月2日は『ウルトラマンマックス』第1話「ウルトラマンマックス誕生!」が放送された日です。龍厳岳が突然の噴火に見舞われた。トウマ・カイトは、炊き出しのボランティアを行っていると、警官に「怪獣を見た」と訴える少年を見つける。大人たちは少年のことを信じなかったが、その後少年の言う通り怪獣・グランゴンが現れた。人々は避難するが、少年はグランゴンがいることを証明するために、カメラを手に龍厳岳に向かってしまっていた。

国連は、怪獣や宇宙からの侵略者に対抗する国際組織「地球防衛連合UDF」を設立していた。そして、はじめて日本に出現した怪獣であるグランゴンに対し、日本支部は対怪獣用防衛チーム「DASH」を出撃させる。DASHは小型空中母艦 ダッシュマザーで現場に向かい、戦闘機のダッシュバード1号、ダッシュバード2号を発進。グランゴンとの戦闘を開始する。

しかし、パイロットのコイシカワ・ミズキ隊員は、地上に民間人を発見。それは少年を探しに来たカイトだった。カイトは少年を見つけ、車に乗せて逃げようとするが、グランゴンに見つかり、攻撃を受けてしまう。DASHはダッシュバード1号の冷却弾でグランゴンを凍らせ、ダッシュバード2号の攻撃でグランゴンはバラバラに砕け散った。避難所に戻ったカイトは、ミズキから叱責を受けるが、カイトは「誰かを守りたい」という気持ちはDASHにも負けないと自分の想いを伝える。
次のページへカイトがウルトラマンマックスに変身!
24 件