がんばったのに失敗してしまったときは? 【今日の聖書のことば】佐藤優・作家

「主は与え、主は奪う」とは 〔3分で読める! やさしい心を育むメッセージ〕(10)

作家:佐藤 優

イラスト:力石ありか

※本記事は書籍『1日3分でやさしい心が育つ 聖書のことば』(著:佐藤優)の一部を抜粋、編集したものです。

【主は与え、主は奪(うば)う】

聖書:
私は裸(はだか)で母の胎(たい)を出た。また裸でそこに帰ろう。
主は与え、主は奪う。主の名はほめたたえられますように。

メッセージ:
悪いことにも意味を見つけよう

『旧約聖書』の「ヨブ記」に登場するヨブは、神さまを信じる気持ちの強い男性でした。

しかしあるとき、神さまとサタン(悪魔)がヨブの気持ちの強さをめぐって、ある賭(か)けをします。

サタンは
「ヨブは神が自分を守ってくれるから神を信じているだけだ」
といい、すべての財産と家族を奪いました。

そうすれば、ヨブはきっと神を信じる気持ちをなくすだろうとサタンは考えたのです。

ところが、すべてを失ったヨブが語ったのが、このことばです。

「私はもともとなにも持たずに母から生まれた。だから、なにも持たないままそこに帰ろう」

どうして悪いことは起こるのか

神さまは悪いことをしていない人からもなにかを奪うことがあります。

しかしヨブは
「それもなにか理由があるからだ」
と考えて、神さまを信じる気持ちを捨てませんでした。

悪いことを前向きに受け止めてみる

私たちも、がんばったのに失敗したり、うまくいかなかったりすることがあります。

そんなときでもヤケクソにならず、
「なにかこれにも意味があるのかもしれない」
と考えると、前向きに受け取れるのではないでしょうか。

『1日3分でやさしい心が育つ 聖書のことば』
佐藤優(監修)
定価:1,430円(税込)
ISBN:978-4-06-531753-2
イラスト©力石ありか
読者対象:小学校3年生以上

子どもたちが思いやりについて学べる24のメッセージを、超訳&イラストでわかりやすく解説。
大人が読んでも役立つ一冊です。

★同時発売★
『1日3分でしなやかな心が育つ 禅のことば』
大愚元勝(監修)
定価:1,430円(税込)
ISBN:978-4-06-531752-5
イラスト©力石ありか
読者対象:小学校3年生以上

子どもたちが自分で感情をしずめるために役立つ24のメッセージを、超訳&イラストでわかりやすく解説。
大人が読んでも役立つ一冊です。

さとう まさる

佐藤 優

Sato Masaru
作家・元外務省主任分析官

1960年東京都生まれ。作家、元外務省主任分析官。1985年同志社大学大学院神学研究所修了。外務省に入省し、在ロシア連邦日本国大使館に...