2022.04.08

ブックマーク

『若草物語』“ジョーのいちごクリーム”を作ろう

読んで楽しい、作っておいしいエッセー&レシピ 児童文学キッチン#03

児童文学作家の小林深雪さんと、お菓子研究家の福田里香さんのかわいい本『児童文学キッチン お菓子と味わう、おいしいブックガイド』から、読んで楽しい、作っておいしい、エッセー&レシピを厳選してお届けします。

3回目は、『若草物語』から。ジョーは失敗してしまったけれど、福田里香さんのマジックでおいしいレシピになった“ジョーのすっぱいいちごクリーム”です。
​(「児童文学キッチン」のほかの記事を読む)

ジョーがはりきって料理をしたランチは大失敗。デザートは、「すっぱいいちごクリーム」でした。でも、最後はみんなで大笑いしたのです。(撮影/青砥茂樹)

すっぱいクリームの、だけどおいしい赤いいちごの一皿  〜四姉妹の次女ジョーに寄せて(福田里香)

<でも、期待をかけていたのはイチゴだ。たっぷり砂糖をふりかけておいたし、こってりしたクリームをそえている。
きれいなガラス皿がみんなにまわされると、白いクリームの中にバラ色の島々がうかんでいるようなデザートを見て、みんなは目を輝かせた。
 最初に食べたのはクロッカーさんだった。だが、すぐにうっと顔をしかめ、あわてて水を飲んだ。あせってローリーを見ると、必死で食べているけれど、くちびるがいささかゆがんでいるではないか。
 デザート大好きのエイミーはひと口食べたとたん、ナプキンで顔をおおい、テーブルを立ってしまった。
「どっ、どうしたの?」
 ジョーはうろたえた。>
『若草物語  Ⅰ』より

掃除も料理も万能なお母さんが不在のある日のお昼ご飯のこと。メグ、ジョー、ベス、エイミーのなかよし四姉妹は、不意のお客さんを迎えることになりました。

それはよりによって、大嫌いなミス・クロッカーと、悪友ともよべるお隣のローリー。

料理を担当したジョーは、前菜から主菜、パンに至るまで大失敗。最後の頼みの綱は、いちごのデザート。

しかし、ここにも思わぬ落とし穴が待ち受けていました。ジョーが何をどう間違えたのかは、ぜひ本を読んでみてください。

ここでは「クリームがすっぱくてもおいしいデザート」を作ってみました。ヨーグルトを水切りすると、おいしいすっぱいクリームに仕上がります。 (福田里香)

100年以上たってもリアルなガールズストーリー(小林深雪)

<「魔法のインクを使って、すごい小説を書くんだ。わたしが死んだあとものこるようなもの。いつか、みんなをびっくりさせてあげる。お金持ちになって、有名になりたい。」>
『若草物語 Ⅰ』より

「素敵なドレスを着たい。」
「本を書きたい。」
「ピアノを弾きたい。」
「絵を描きたい。」

若草物語の四人姉妹のそれぞれの夢は、世界中の女の子たちの夢です。

温和で美しい長女のメグ、男の子のようにはっきりした性格の次女ジョー、だれよりも心優しい病弱な三女ベス、おしゃまで少し生意気な末娘エイミー。

だれがいちばんということはなくて、ひとりひとり、個性が違うからこそ、魅力的です。そして、それぞれに、やはり欠点もあって、失敗したり、悩んだりする。

見栄っ張りのメグは、過剰なおしゃれをして失敗するし、ベスは内気すぎて家族以外の人間とコミュニケーションがとれません。短気なジョーとわがままなエイミーの大げんかは深刻な事態を招きます。

百数十年前のアメリカで書かれた物語なのに、姉妹たちの悩みや暮らしの工夫は、いまの時代のわたしたちと重なります。

食事やデザート、ファッション(いかにお金をかけずにおしゃれするか!)、ガーデニング、クリスマスなどのさまざまなイベント、郵便局や新聞社ごっこ。日々の楽しみや工夫のディテールが細かく書いてあって、それを読むのがとても楽しい。そして、家族や友だちのこと。もちろん、となりの家に住む男の子、ローリーのことも。

日々の生活を大切に考え、自分自身と向き合い、少しでもいいから自分の夢に近づこうと手をのばす四人の女の子たちはリアルです。それが、こんなにも長く読み継がれてきた、いちばんの理由だと思います。

人生は選択の連続です。

四人姉妹を見ていると、自分が選ばなかったものを持っている人をうらやむのではなく、自分が選んだもの、持っているものを大切にしたいと思えて、前を向いて歩く勇気をもらえるのです。

子ども時代、友だちと会えなくてさみしいときは、本を開いて友だちに会いにいっていました。

いまでも、本を開けば、いつでも昔の友だちと再会できます。メグが、ジョーが、ベスが、エイミーが、そして、子ども時代のわたしも、いつでもそこにいるのです。(小林深雪)

おいしい、すっぱいクリームの秘密は、ヨーグルト(福田里香)

材料(数人分)
 プレーンヨーグルト 1パック(400g)
 いちご 1/2パック(150g)
 粉糖 適量
 市販のメレンゲ(あれば) 数個

作り方

   フロマージュフレを作る。マグカップの上に、ペーパーフィルターを敷いたコーヒードリッパー(またはガーゼを敷いたざる)をセットし、そこにヨーグルトを入れる(写真参照)。これを冷蔵庫に一晩入れて、水切りをする。

コーヒーフィルターでこすだけ! こんなワザを知っていたら、ジョーだってデザートをおいしく作れたにちがいありません。(撮影/青砥茂樹)

2    いちごを洗って、水けを切り、へたを取る。
  1をスプーンですくって、皿に盛りつける。その上に2をのせて、茶こしでたっぷり粉糖をふるう。あれば、メレンゲをのせる。

『若草物語』ってどんなお話?(小林深雪)

ルイザ・メイ・オルコット(1832~1888)は、アメリカの作家。『若草物語』は、自分の少女時代をもとにして書いたもので、次女の作家志望のジョーはオルコット自身がモデルになっています。『若草物語』は全部で4冊あり、続編では、四姉妹のその後の生活、結婚、仕事、子どもたちなどが描かれています。2巻目で、ジョーとローリーの恋が進展すると思っていたら、まさかの展開にびっくり。ローリーが四姉妹のうち、結婚相手に選んだのはだれなのか、たしかめてみて。

『若草物語 1 ―仲よし四姉妹-』
作:オルコット 訳:谷口由美子 絵:藤田香

青い鳥文庫では、若草物語が4巻まで続けて読むことができます。藤田香さんのかわいいイラストが大人気です。
*すべての漢字にふりがなつき

『若草物語1&2』
原作:L・M・オルコット 訳:谷口由美子 装画:北澤平祐
続巻までが1冊になった若草物語の決定版。中学生以上の漢字にルビ。

23作品のお菓子がレシピ付きでかんたんに作れる!

『児童文学キッチン  お菓子と味わう、おいしいブックガイド』
文:小林深雪  料理:福田里香  講談社

読んで楽しい、作っておいしい! 小林深雪先生の大好きな児童文学作品にインスパイアされた、かわいいお菓子を福田里香さんのレシピつきで紹介。
現在入手困難です。図書館などで探してみてくださいね。

(編集協力/俵ゆり)

コクリコのおすすめ記事

こばやし みゆき

小林 深雪

Miyuki Kobayashi
作家

埼玉県生まれ。東京在住。武蔵野美術大学卒。ライター、編集者を経て、1990年作家デビュー。 「泣いちゃいそうだよ」「これが恋かな?」...

ふくだ りか

福田 里香

Rika Fukuda
菓子研究家

福岡県生まれ。武蔵野美術大学卒。大学の同級生だった小林深雪さんの書籍に携わったことから、この道に入る。これまでに小林深雪さんの4冊のレ...