2021.06.24

蔵書1800冊超の図鑑マニアが伝授 子どもを“図鑑好き”にする秘訣とは

図鑑マニア・斎木健一先生インタビュー 第2回/子どもを図鑑好きにさせるには

寄稿家:斎木健一

3人の息子さんを育てた斎木先生。図鑑のコレクションが増えたのは、「子育てがきっかけです」と笑います。
写真:小松貴史

1800冊以上の図鑑をコレクションする図鑑の識者で、「千葉県立中央博物館 分館海の博物館」分館長の斎木健一先生。第1回では、<図鑑は新しい世界を広げてくれるガイドブック>と話してくださいました。好奇心を刺激して、知識をぐんぐん増やしてくれる図鑑。わが子に対して「たくさん読んでほしい」「好きになってほしい」と願う親は多いでしょう。そこで、第2回は、子どもを図鑑好きにさせるコツについて伺います。

まずは親が図鑑を開き"驚き&楽しむ"こと!

――親として、子どもにはぜひ図鑑に興味を持ってもらいたいのですが、子どもを図鑑好きにさせるコツはあるでしょうか?

まずは、親が図鑑を楽しんでいる姿を見せる必要があると思います。親がやらないことを子どもにやらせようとしても、なかなか難しいですから(笑)。

親としても義務では長続きしませんから、楽しめるネタを探して、<気づいたら習慣になっていた>というのが理想です。そこでおすすめなのが、食材の図鑑。スーパーでイチゴを買ってきたら、子どもがいる前で図鑑を開き、品種を調べてみましょう。

「この女峰っていうイチゴ、ケーキの飾りに使うんだ」「こんな花が咲くのか。知らなかったなぁ~」。
そうやって、図鑑を開いて驚き、楽しんでいるところを子どもに見せます。図鑑を見せる必要はありません。“図鑑には、おもしろいことが書いてある”と感じてもらうだけでいいのです。それが習慣化してくれば、そのうち子どものほうから「見せて!」と言ってくるはずです。

――食材なら子どもにとっても身近なジャンルですし、興味のある子も多そうですね。

食事の機会は1日3回ありますし、すぐそばで見られて、触れられて、解剖までできる(笑)。もちろん、食材でなくても構いません。親が楽しむことが大事なわけですから、初めの1冊は、親自身が興味のある図鑑を選ぶのも手かもしれないですね。どんな図鑑でも、食卓のそばやリビングなど、親も子もいつでも開ける場所に置いておくのがよいと思います。

斎木先生も所有する『新版 食材図典 生鮮食材篇: FOOD’S FOOD』(小学館)。生鮮食材を中心に、約2000項目を約3500の図版で解説している。『食材図典II 加工食材篇』もある。

フキダシのセリフが肝!? 図鑑は「読み聞かせ」にも最適

――ほかには、いかがでしょうか。

絵本と同じように、読み聞かせをするのもおすすめです。読み聞かせで重要なのが、フキダシやコラムに書かれたセリフ。「みずあびがしたいなー」「きのぼりがだいすき」など、よく昆虫や動物の図鑑などに書いてありますよね? ぜひ気持ちを込めて読みましょう。

ちょっとしたことですが、こういったセリフのやり取りがあると、子どもは図鑑の読み聞かせが何倍も楽しくなりますし、親子の絆を深めるきっかけにもなります。そもそも、セリフがないと親のほうも間が持ちません(笑)。親自身が読み聞かせしやすい図鑑を選ぶといいですね。

――寝かしつけにもよいのでしょうか。

いいと思います。仰向けだと重くて辛いなら、うつ伏せでも。大人はそのうち疲れてしまいますが、体の柔らかい子どもは意外と平気です。

図鑑というと、分厚い大型の図鑑を想像しがちですが、学習図鑑だけが図鑑ではありません。携帯用のポケット図鑑や絵本のように薄い図鑑もあります。状況に応じて使い分けてはいかがでしょう。

ご自身も、息子さんたちの寝かしつけに図鑑の読み聞かせをしていたそうです。「子どもたちのテンションが上がってしまい、なかなか眠らないことも多々ありました(笑)」
写真:小松貴史

親の考えを押し付けず「子どもの興味」が最優先

――図鑑の選び方にも関わってきますが、まずは、子どもがみずから興味を持つことが大切なのですね。

そうですね。だからこそ、親の考えや都合ではなく、子どもの好みに合った図鑑を探してほしいと思います。そのためには、普段の生活はもちろん、昆虫、植物、動物、魚、乗り物、食べもの、歴史……など、あらゆるジャンルのものに接する機会を与えて、子どもをよく観察することが大事です。無理強いをしてはいけません。

何に興味があるのかわからないときは、『MOVE はじめてのずかん』シリーズ(講談社)のように、まずは幅広いジャンルを網羅した図鑑を選んで、そこから好きなジャンルを探すのもよいでしょう。試しに100円ショップや古書店で図鑑を買ってみて、子どもの興味の対象を探るのもよいと思います。

100円ショップ・ダイソーの『はっけん!こどもはじめてずかん』。「100円なら、気軽に買いやすいですよね」(斎木先生)
写真:小松貴史

――ところで、先生ご自身が、図鑑を好きになったきっかけは何だったのでしょうか。

僕は子どものころから虫が好きで、虫のことを調べるために図鑑を読んでいました。あくまでも“図鑑で調べる先のもの”が好きだったんです。それから仕事の関係で植物が好きになり、さらに図鑑を読むようになりましたが、いろいろな図鑑を買うようになったきっかけは、3人の息子の子育てでした。

自然や生きものが好きな子どもに育ってほしいけれど、子どもの興味の対象がわからない。だったら一緒にやってみようと、虫を捕ったり魚を釣ったり、バードウォッチングをしたり、トコトン楽しみました。その度に昆虫図鑑、魚の図鑑、鳥の図鑑……と、図鑑がどんどん増えていったわけです(笑)。

その甲斐あって、子どもたちはみんな、自然や生きものが好きになりました。調べものをするときは彼らも図鑑を開きますが、好きなのは図鑑よりも、その先にある自然や生きもの。でも、それでいいのです。子どもの興味や知識を広げるための手段として、図鑑を上手に活用していただきたいですね。


取材・文/星野早百合

#1 斎木健一「子育て世代が知らない“進化系図鑑”の世界」

寄稿家紹介

斎木健一 さいきけんいち

さいきけんいち 1962年、神奈川県生まれ。「千葉県立中央博物館 分館海の博物館」分館長。所有する図鑑は1800冊以上。TBS系テレビ番組『マツコの知らない世界』では、“図鑑の世界”の案内人を務めるなど、メディアにも多数出演。2014年、千葉県立中央博物館で行われた企画展の図録として、『図鑑大好き!』(彩流社)を出版。『講談社の動く図鑑 MOVE 植物』(講談社)の監修も担当している。
写真:小松貴史

千葉県立中央博物館 分館海の博物館
http://www2.chiba-muse.or.jp/UMIHAKU/