2021.10.09

子どもの年齢別「ポートレート」をスマホで綺麗に撮影するコツ

いつもの写真が見違える! 子どもの一瞬を逃さない写真の撮り方#1

寄稿家:吉野陽子

撮影:Raria

「子どもの成長をキレイに残したい!」
「スマホでカッコいい写真を撮りたい」

今この瞬間の、かわいい子どもの姿を未来に残したい、というパパママは多いのではないでしょうか。最近のスマホは性能が良くなっているとは言え、なかなか「コレが最高!」というベストショットを押さえるのは難しいものです。

そこで、子どものベストな「ポートレート」をスマホで撮るコツを、ママフォトグラファーアカデミー代表理事の吉野陽子さんに伺いました。(全4回の1回目)

「ポートレート」はその子自身を写し出す撮影方法

スマホで撮った2歳児のポートレート。
撮影:Raria

「ポートレート」とは、「その子そのもの」を撮る人物写真のことです。

一般的には、背景をぼかし、被写体の人物を際立たせるように撮影します。その子特有の表情やしぐさなどを切り取り、フォーカスすることを目的とするので、子どもの成長していく姿を残していくのに適しています。

一方で、「スナップ」は日常の光景や出来事、人などを素早く切り取る撮影のことです。

本連載では「ポートレート」と「スナップ」を区別し、今回は「ポートレート」の撮影方法をご紹介します(「スナップ」の撮り方は第3回で詳しくご説明します)。

「最近のスマートフォンでは『ポートレートモード』などが搭載されているので、簡単に背景をぼかして人物を浮き立たせることができるんです。便利になりましたよね。ポートレートで撮影する場合は、子どもに『ピース』などのポージングをさせないで、自然に撮るのがおすすめですよ」(吉野さん)

ポートレートでは、あえてキメポーズはさせずに自然体での撮影がベスト。

定番のポーズをするよりも、何気ない表情としぐさでその子らしさを切り取るほうが、あとから「かわいいね」「あの頃、こういう表情やしぐさをよくしたよね」と振り返ることができます。

ポートレート撮影を格段に上手くする3つの設定

子どものポートレートを撮るコツは「ピントを合わせて、明るく撮る」が基本です。

今回の撮影では3つの設定を確認しておきましょう。

①スマホカメラをポートレートモードに設定する
カメラを確認し「ポートレートモード」のボタンをクリック。後ろがぼやけて、子どもが浮き立つように撮ることができます。

②子どもの顔にピントを合わせる
カメラが子どもの顔を認証しているか確認しましょう。もし顔認証されない場合は、カメラ画面を指でタップすると、そこにピントが合うようになります。子どもの顔(アップなら目のあたり)にピントがくるように調整しましょう。

③撮る前に明るさを調節する
撮る前に、カメラ画面を指でタップすると、画面の横に「太陽のマーク」が出てきます。その太陽マークを上にスライドさせると、明るさがプラスされていきます。顔がキレイに見える明るさに調整してから撮っていきましょう。

撮影後にも明るさ調整はできますが限度があります。撮影前に明度を調整したほうが、最終的にキレイになりやすいです。これらの設定を確認して、いざ撮影に臨んでみましょう。

次のページへ【年齢別】ポートレート撮影のコツ
23 件