(PR)離乳食が完了したら試したいファーストレシピ『魚のパン粉焼き 千切りキャベツ添え』

定番調味料「マヨネーズ」を使った完食レシピ その8

げんき編集部

提供:味の素株式会社

【離乳食が完了したら試したいファーストマヨレシピ】(対象年齢:1.5歳ごろ~3歳)

「好き嫌い」や「偏食」などの悩みを抱えがちな子どもの食事。そんな悩みを万能調味料マヨネーズが解決できるかも!? 離乳食が完了したお子さんには、成長に必要な栄養面に気を配りながらも、いろいろな食材、味を楽しんでもらいたいですね。

お子さんのメニューは、おにぎりやパンなど、つい炭水化物に偏りがちですが、体を作るタンパク質をしっかりとらせたいところ。マヨネーズを上手に使うと、たまごやツナ、豆腐などのタンパク質が食べやすくなるレシピをご紹介します。教えてくださったのは、管理栄養士の山口真弓さんです。
7品目は、『魚のパン粉焼き 千切りキャベツ添え』。サクサクの食感で、子どもでも魚を楽しく食べられる一品です。

魚のパン粉焼き 千切りキャベツ添え

魚のパン粉焼き 千切りキャベツ添え
材料 大人2食分(子ども4食分)
・白身魚(今回は鮭) 2切れ
・マヨネーズ  大さじ1/2~
・自然塩  少々
・レモン汁  小さじ1
Aパン粉(乾)  大さじ3/4
A青のり  適量
【作り方】

① 白身魚は骨を取り除き、食べやすい大きさに切る。塩とレモン汁をまぶし10分ほどおく。

② ①の水分をキッチンペーパーで拭き、表面にマヨネーズをスプーンで塗る。
マヨネーズがのりの代わりに!
③ ②の上に、混ぜ合わせたAを付ける。

④ 魚焼きグリル、もしくはオーブンレンジのグリルで焼き色が付くまで7~10分焼く。
サクサクの食感で、噛むのが楽しい一品です。ぜひ試してみてください!

レシピ・製作/山口真弓 撮影/大坪尚人(講談社写真映像部)
げんきへんしゅうぶ

げんき編集部

幼児雑誌「げんき」「NHKのおかあさんといっしょ」「いないいないばあっ!」と、幼児向けの絵本を刊行している講談社げんき編集部のサイトで...

やまぐち まゆみ

山口 真弓

管理栄養士・健康咀嚼指導士

管理栄養士・健康咀嚼指導士。離乳食・幼児食教室「スマイル☆キッチン」を埼玉県に開講。 多くの親子の食事・栄養に関する相談を行っている...