「上の子ばかり𠮟ってしまう」きょうだいを育てるママさんへ【現役保育士てぃ先生がアドバイス】

フォロワー80万人超えのカリスマ保育士てぃ先生の“目からうろこ”の育児アイディア

保育士:てぃ先生

てぃ先生の目からうろこの育児アイディア

YouTubeチャンネル登録者数80万人超えのカリスマ保育士てぃ先生が、育児の悩みを一発解決!

「保育のプロ」として日々子どもに接している現役の保育士のてぃ先生ならではの、的確で「すぐ効く」目からうろこの育児アイディアの数々。今回はこれまでの連載のなかから、「上の子ばかり𠮟ってしまう」や「下の子がお姉ちゃんの頭を叩く」など、きょうだいを育てる親御さんにむけた解決のヒントやアイディアをご紹介します。
てぃ先生
保育士として勤務のかたわら、その専門性をいかしX(旧Twitter)、YouTubeなどで、子育ての楽しさや子どもとの向き合い方などを発信、大反響を呼ぶ。著書に「カリスマ保育士てぃ先生の子育てで困ったら、これやってみ!」(ダイヤモンド社)、「ほお…、ここがちきゅうのほいくえんか。」(ベストセラーズ)など多数。

「上の子ばかり𠮟ってしまいます」(1歳9ヵ月女児)

まだ生まれたばかりの下のお子さんに比べて、上のお子さんには期待のハードルが高いのだと思います。「お姉ちゃんはもうすぐ2歳になるんだから、これはできるだろう」と、親御さんが子どもの行動に対する期待値を勝手に高く設定してしまっているのだと思います。

子どもの気持ちや心の発達は、まだ親御さんの期待についていってないことが多い。結果、期待とは違うことをしてしまい、親御さんが怒ってしまうということだと思います。

上のお子さんは赤ちゃんに比べ、新しくなにかできるということが少なくなっています。ほめる回数が少なくなるのは当然です。そんなときは、過去のその子と比較してみるのがいいと思います。

たとえば、ちょっと前まで靴の左右をよく間違えて履いていたけど「今日は間違わないで履けたね!」「スプーンの持ち方がきれいになったね」「お着替え速くなったね」など、過去のその子と比べたらできるようになったことやほめるポイントが、たくさん見つかると思います。ちょっとしたことでもいいので、どんどんほめる言葉をかけると、𠮟ってばかりという毎日じゃなくなると思います。(関連記事:#35『上の子ばかり𠮟ってしまいます』
仲良く育ってほしいけど、いろいろ悩みます。

「同じことをしても上の子だけを𠮟ってしまう」(3歳1ヵ月男児)

同じことをしても弟は𠮟られず自分だけ𠮟られる。お兄ちゃんが不公平だと感じるのは当然です。弟さんに対して「小さいからまだ𠮟ってもわからないから𠮟らない」というのは大人の事情で、お兄ちゃんはそんなこと理解できません。

赤ちゃんは怒っちゃいけないわけではありませんし、𠮟ったらかわいそうということもありませんから、弟さんもちゃんと同じように𠮟ったほうがいいと思います。お兄ちゃんが見ている前で、お兄ちゃんと同じように、弟さんも𠮟る。その親御さんのアクションをお兄ちゃんに見てもらうことが大事です。

あとは「○○しちゃダメ」というのではなく「○○だったらいいね」「○○してみよう」とお兄ちゃんに伝える。𠮟るときの言葉を少し変えるだけで受け止める感情も変わってきます。否定ではなく、正しい行動を伝えるというのはとても大事だと思います。

𠮟るときに念頭においてほしいのは、子どもに対して「たとえ幼くても、ひとりの人間として人格をもった存在である。自分とは違う人間なのだから、自分と考え方や感じ方が違うのは自然」ということ。日本には昔「親の言うことに子どもが従うのは当たり前」という時代がありました。でも今はそうではありません。今、子育てをしている親御さんたちこそ、古い考えにとらわれずにお子さんに接していってほしいと思います。
(関連記事:#41『同じことをしても上の子だけを𠮟ってしまいます』

「お姉ちゃんの頭や顔をすぐ叩きます」(2歳3ヵ月女児)

きっとお姉ちゃんを叩くことが、そのお子さんにとって親御さんの気を引く方法なんだと思います。お姉ちゃんの頭を叩くとすぐに反応してくれる。そういう状況を喜んでしまっているのかな? と思います。

お子さんにとっては良いことをするよりも、悪いことをしたほうが親御さんは自分にかまってくれるんだ、という経験になっている。たとえ怒られてもある意味その子にとっては目的が達成されているわけなので、「注意しても笑っている」のだと思います。

解決策としては、その子がお姉ちゃんを叩くのではない、べつのことで親の気を引くことができるようになれば良いのだと思います。

そのためにには、お子さんが良いことをしたときに、親がより早く強く反応し注目し、ほめてあげる。お子さんが「お姉ちゃんの頭を叩くよりも、こういうことをしたほうがパパもママもにこにこ笑ってくれるんだ」という経験を積み重ねていくと、頭を叩く必要がなくなりますね。(関連記事:#37『お姉ちゃんの頭や顔をすぐ叩きます』
撮影/嶋田礼奈 取材/久世恵美 写真提供:マハロ/PIXTA(ピクスタ)
↓↓ほかにも子育てに役立つアイディア満載!
「てぃ先生の目からうろこの育児アイディア」記事一覧はこちら
てぃせんせい

てぃ先生

保育士

関東の保育園に勤める男性保育士。 保育士として勤務するかたわら、その専門性を活かし、子育ての楽しさや子どもへの向き合い方などをメディ...

げんきへんしゅうぶ

げんき編集部

幼児雑誌「げんき」「NHKのおかあさんといっしょ」「いないいないばあっ!」と、幼児向けの絵本を刊行している講談社げんき編集部のサイトで...