8月1日 ウルトラマンダイナ 故郷を失ったファビラス星人が襲来!

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 8月1日(1998年)

テレビマガジン編集部

『ウルトラQ』『ウルトラマン』の放送が開始され、ウルトラ怪獣が登場した1966年以来、半世紀以上にわたって脈々と続くウルトラマンシリーズ。作品ごとに子どもたちは、現実とフィクションとを一体に感じ、日々、ウルトラヒーローや怪獣たちに夢中になっていた。

あの日、あの時、胸躍らせて目撃したのは何だったのか? 今回取り上げるのは「8月1日」(1998年)。

デビルファビラスと戦うウルトラマンダイナ  ©円谷プロ PHOTO/講談社

“平成ウルトラマンシリーズ”第2作の『ウルトラマンダイナ』は、宇宙の「光」と出会ったアスカ・シンの物語。防衛隊・スーパーGUTSの新米隊員であるアスカはウルトラマンダイナに変身し、フラッシュタイプ、ミラクルタイプ、ストロングタイプの3形態を駆使して謎の宇宙球体スフィアの脅威から地球を守る。

ふたりのファビラス星人がコウダ隊員とカリヤ隊員を人質にし、地球を明け渡すよう要求してきた。さらに、ハネジローは、ファビラス星の生物だと判明。ハネジローはコウダたちを助けるが……。
「ウルトラ怪獣日和」、今日は何の日?

コウダとカリヤが人質に

1998年8月1日は『ウルトラマンダイナ』第47話「さらばハネジロー」が放送された日です。怪電波をキャッチしたスーパーGUTS。コウダとカリヤは調査に向かうが、そこで宇宙船を発見。攻撃を受け、気を失ってしまう。さらに、ふたりの宇宙人がコウダとカリヤそっくりの姿に変身し、スーパーGUTS基地のグランドームに向かった。

宇宙人は、特殊な力を使ってグランドームのセキュリティを突破。メインシステムをダウンさせた。さらに、アスカたちのいる司令室にやってきたふたりは、コンピューターを破壊する。しかし、にせもののカリヤが、光弾でアスカを攻撃しようとすると、にせもののコウダは「無駄な血は流したくない」とそれを阻止した。

そして、その場にいたハネジローを、「ムーキット」と呼んだ宇宙人は、本来の姿を現した。彼らはファビラス星人で、惑星同士の衝突により、母星を失った。そして、宇宙船に80億の同胞をミクロ化させ、新天地を求めて放浪していると言う。これまでに、自分たちが住める環境の星を見つけ、移住できないか交渉したこともあったが、彼らは拒絶されて攻撃を受けてしまったらしい。

自分たちの忍耐は限界だと言うファビラス星人Aは、力づくで星を奪うと宣言。アスカたちを攻撃しようとする。しかし、ファビラス星人Bはそれを制止し、アスカたちに「要求を飲めば、強引な方法は取らない」と言う。その要求とは、地球の全生物をミクロ化し、彼らの宇宙船に乗って放浪しろというものだった。

ファビラス星人は、コウダとカリヤを人質にしていることを告げ、24時間以内に結論を出すことを要求。さらに、ハネジローはファビラス星で、「平和を招く神」として崇められていた生物だということも判明。ハネジローは悲しそうな顔をしながらも、自らの意思でファビラス星人たちについていってしまう。
次のページへファビラス星人Aがデビルファビラスに変貌!
23 件