友だちを愛するために、いちばん大切なこと【今日の聖書のことば】佐藤優・作家

「隣人を自分のように愛しなさい」とは 〔3分で読める! やさしい心を育むメッセージ〕(1)

作家:佐藤 優

イラスト:力石ありか

※本記事は書籍『1日3分でしなやかな心が育つ 聖書のことば』(監修:佐藤優)の一部を抜粋、編集したものです。

【隣人を自分のように愛しなさい】

聖書:
「心を尽くし、魂を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。」これがもっとも重要な第一の戒めである。第二も、これと同じように重要である。「隣人を自分のように愛しなさい。」

メッセージ:
まずは自分のことを愛そう

ユダヤ教(キリスト教よりも前から中東で信じられていた教え)の学者たちは、ユダヤ教の伝統をこわしかねない「新しい教え」を広めるイエスをきらいました。

そこでイエスに恥をかかせようと、イジワルな質問をいろいろします。

あるとき、律法学者が
「ユダヤ教のルールのなかでもっとも大切なものはなにか」
というむずかしい質問をイエスにします。

それに対するイエスの答えが、このことばでした。

まずは自分を愛することから

「隣人を愛しなさい」は、キリスト教徒ではない人にもよく知られていることばです。

でも多くの人は、「なんの条件もつけずに、すべての人を愛しなさい」という意味だと思っています。

しかし、このことばでほんとうに大事なのは、イエスは
「隣人を自分のように愛しなさい」
といっているところです。

つまり、私たちはまず、ほかの人を愛する前に、自分自身のことを愛する必要があるのです。

イエスが理想とした姿とは

自分のことを大切にできない人は、ほかの人も大切にできません。

だから、まずは自分を愛し、自分を愛するように周りの人を愛する。

それがイエスの理想とした姿だったのです。

『1日3分でやさしい心が育つ 聖書のことば』
佐藤優(監修)
定価:1,430円(税込)
ISBN:978-4-06-531753-2
イラスト©力石ありか
読者対象:小学校3年生以上

子どもたちが思いやりについて学べる24のメッセージを、超訳&イラストでわかりやすく解説。
大人が読んでも役立つ一冊です。

★同時発売★
『1日3分でしなやかな心が育つ 禅のことば』
大愚元勝(監修)
定価:1,430円(税込)
ISBN:978-4-06-531752-5
イラスト©力石ありか
読者対象:小学校3年生以上

子どもたちが自分で感情をしずめるために役立つ24のメッセージを、超訳&イラストでわかりやすく解説。
大人が読んでも役立つ一冊です。

さとう まさる

佐藤 優

Sato Masaru
作家・元外務省主任分析官

1960年東京都生まれ。作家、元外務省主任分析官。1985年同志社大学大学院神学研究所修了。外務省に入省し、在ロシア連邦日本国大使館に...