本当に気になる子育ての悩み「泣いたり叫んだり、感情の起伏が激しい子どもにはどう対応するべき?」

子育てお悩みランキング12を多角的に検証! 第9回 井澗知美/高祖常子

ライター:笹間 聖子

続いては、子育てアドバイザー&キャリアコンサルタントの高祖常子先生の回答です。
高祖常子先生

「気持ちを押し通せない」悲しさと切り替えの葛藤

泣いたり叫んだり、ありますよね。特にイヤイヤ期の子どもは感情が高ぶりやすく、泣き叫んでしまうこともあります。

この時期は、「子どもが感情の切り替えをしようと葛藤している時期」だと見ていただけたらいいのではないでしょうか。

例えば、「おもちゃを買って」と言っても親からダメだと言われ、今日は買ってもらえないと分かったとします。そのとき泣き叫ぶのは、自分の欲しいという気持ち、そして、思う通りにならないくやしさ、その気持ちの切り替えと戦っているのです。
イヤイヤ期に子どもは、感情の切り替えをしようと葛藤している
対処法には個人差があって、「今日は買えないね。おうちに帰ってボール投げして遊ぼうか」といった感じで切り替えを手伝ってあげれば、カラッと気分を変えてくれる子どももいます。

一方で、「絶対ダメだ。これが欲しいんだ」と言って、切り替えにかなり時間がかかる子どももいます。そしてそれがいけないかというと一概にそうとも言えません。

なぜなら将来を考えたら、「これを絶対成し遂げたい」と一生懸命思い続けられる人と、「そうは言っても無理だよ」とすぐ諦めてしまう人、どちらがいいと思われますか?

親からすると、成し遂げたいことを頑張ってほしいという気持ちもありますよね。
切り替えに時間がかかる子は、「これを絶対成し遂げたい」という思いが強いのかも

「泣き叫ぶ子ども=意思が強い」とポジティブに

つまり泣き叫ぶ子どもは「意志が強い」「意思表示ができる」と、ポジティブに見てあげてもいい要素なのです。ノーベル賞を取るような研究者には、何回失敗してもあきらめず最終的には成し遂げた人も多いですよね。

もちろん、場面によってあきらめなくてはならないこともあります。また、意思を押し通すだけではなく、お互いの意見の違いを理解し、解決策を探していくことが必要なこともあります。

でも2~3歳の子どもは、まだ人間関係や社会性を学んでいる途中。やはりそこは「意思表示ができている」と思って見守っていきましょう。
泣き叫ぶ=意思表示ができている子どもとポジティブに
小学校に上がるくらいの年齢になれば、「ずっと大騒ぎしても、ダメなものはダメなんだ」と、周りの状況を見ながら収めていくことを学んでいくはずです。

そうそう、ここで注意しておきたいのは、親がイライラして怒鳴りつけても、泣き止むことはないということです。もし泣き止んだとしたら、それは納得したからではなく、怒鳴られて怖かったからでしょう。

子どもが「嫌だ」と言うのはいけないことではありませんし、「いつまでも泣き叫んでいるとワガママになる」ということはありません。意思表示をしているだけなのです。

パパ・ママはまずは気持ちに寄り添って

ですから、ママ・パパはちょっと周りの目も気になるかもしれませんが、「そうだったね」「買いたかったよね」「欲しかったよね」とまずは共感してあげて、「自分の気持ちと戦っているんだな」と見守りましょう。

あるいは「そのおもちゃが欲しかったから、サンタさんに頼んでおこうね。じゃあ、これからお家に帰ってご飯を作らないといけないから手伝ってくれる?」というふうに、いつかのプレゼントにすることを約束して、子どもの気分の切り替えを手伝ってあげる方法もあります。
「いつか」の特別なプレゼントにする手も
気持ちは大事にするけれど、行動は通さないということですね。その都度負けて買ってあげていると、それこそワガママな子どもに育ってしまいます。

「この子はワガママばかり言って」と言ったりする親がいますが、それはそのように親が仕向けてしまっているのかもしれません。スーパーの中などであまりにも人の目が気になるようだったら、入り口に移動して気が済むのを待ちましょう。

「そんなふうに待てないよ」と思ったら、それは親の心に余裕がない証拠です。イライラして子どもに当たることのないように、おいしいものを食べていろいろな人の手を借りながら、ゆったりと関わっていきましょう。
文・構成/笹間聖子 写真提供:ピクスタ

↓↓↓ ランキング12位に入ったもとの記事はコチラ ↓↓↓

46 件
イタニ トモミ

井澗 知美

公認心理師、臨床心理士

大正大学心理社会学部臨床心理学科教授。公認心理師、臨床心理士。 上智大学文学部心理学科、早稲田大学大学院人間科学研究科修士課程修...

こうそ ときこ

高祖 常子

子育てアドバイザー・キャリアコンサルタント

リクルートで学校・企業情報誌の編集にたずさわったのち、2005年に育児情報誌miku編集長に就任し14年間活躍。Yahoo!ニュース公...