うちの子のナゾ「食事量が少ない! どうすれば食べてくれるの~!?」

「うちの子のナゾ」第18回/「なぜ?」と感じる、ちょっと気になる、うちの子の不思議な行動や気質…etc.その世界の専門家に聞いてみました!

管理栄養士:山口 真弓

“食事量が少ない! どうすれば食べてくれるの~!?”

食事量が少ない! どうすれば食べてくれるの~!?

「息子は、保育園の給食はおかわりをしますが、家での食事は少ししか食べません。いろいろな料理を作ったりしているのですが、ほとんど食べてくれず……疲れました」(2歳男児・東京都・30代前半)

お子さんを観察して、適量を探りましょう

お子さんの食べる量が少ないと心配ですね。

そんなときはまず、お子さんをよく観察しましょう

発達に問題がなく、活動量も豊富で精神的にも落ち着いているならば、食事量は足りているという証拠です。

適量には個人差がありますから、平均より食事量が少ないからと気を揉まなくても大丈夫です。

子どもの食の専門家
山口真弓 先生

あと、たくさん食べてほしいからと、器にたくさん盛りつけていませんか? 量を加減してあげたほうが完食できて、お子さんが達成感を味わえます。

食事の内容も、必ず食べるものはおさえつつ、苦手な食材も食卓にあげましょう

たとえ手を付けなくても、目で見たり香りを嗅いだり、五感を使った食経験を重ねていくとある日、突然口にするかも! 成長とともに、食事量も食材の好みも変わっていきます。

時間をかけて、見守っていきましょう。

イラスト/とやま ちさと 取材・文/久世恵美

『うちの子のナゾ』は、1・2・3歳のこども雑誌『げんき』で絶賛連載中!

やまぐち まゆみ

山口 真弓

管理栄養士・健康咀嚼指導士。離乳食・幼児食教室「スマイル☆キッチン」を埼玉県に開講。多くの親子の食事・栄養に関する相談を行っている。食...

げんきへんしゅうぶ

げんき編集部

幼児雑誌「げんき」「NHKのおかあさんといっしょ」「いないいないばあっ!」と、幼児向けの絵本を刊行している講談社げんき編集部のサイトで...