9月7日 ウルトラマンタイガ トレギアがナックル星人の闘争心に火をつける!

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 9月7日(2019年)

テレビマガジン編集部

小田がヒロユキに戦いを挑む!

しかしその後、倉庫の監視カメラに一瞬で姿を消す小田の姿が記録されていることが判明。ヒロユキは小田を訪ねる。小田が怪獣を隠していると考えたヒロユキは、力になると申し出るが、小田ははぐらかす。しかし、しつこく聞いてくるヒロユキを前にし、ナックル星人の姿を見せてしまった。すると、トレギアが出現。ヒロユキはウルトラマンタイガに変身して戦闘を開始する。

だが、タイガの姿を見た小田は、かつて自分が戦った別のウルトラヒーローを思い出す。そして、小田の闘争本能を感知し、ブラックキングが卵から孵化した。小田は、ブラックキングに「もう戦う気はない」と訴えるが、ブラックキングはその強力なパワーでタイガを圧倒。ヒロユキは、タイガからウルトラマンタイタスに変身し、エックスレットの力で放つエレクトロバスターでブラックキングを撃破する。
小田が心を奪われたウルトラヒーロー。その姿はやはりウルトラマンジャックに見える  ©円谷プロ PHOTO/講談社
ヒロユキがタイガやタイタスに変身していることを知った小田は、自身の正体を明かした。小田ことナックル星人オデッサは、かつて相棒のブラックキングとともに戦いに明け暮れていた。しかし、とある惑星で夕焼けの中雄々しく立つウルトラヒーローと出会い、これまでの自分を捨てる決意をしたという。しかし、タイガに変身したヒロユキを見たことで、闘争心に再び火がついてしまった。

その後、ヒロユキと別れたナックル星人オデッサは、ヒロユキにこれまでの自分の人生を綴り、戦いを挑む内容の手紙を出す。そして、巨大化して建物を破壊。ヒロユキをタイガに変身させる。ヒロユキは戸惑いつつもナックル星人オデッサに挑み、ウルトラマンタイガ フォトンアースに強化変身。オーラムストリウムでナックル星人オデッサを撃破したのだった。
ナックル星人オデッサと戦うウルトラマンタイガ フォトンアース  ©円谷プロ PHOTO/講談社

暗殺宇宙人 ナックル星人オデッサ

自分の出した答えに満足して散っていった  ©円谷プロ PHOTO/講談社
【ウルトラ怪獣事典】
暗殺宇宙人 ナックル星人オデッサ

身長/43メートル
体重/2万トン

相棒のブラックキングとともに「夕映えの戦士」の異名を宇宙に轟かせていた戦士。とある惑星で自分よりも美しく夕映えにたたずむウルトラヒーローと戦い、誇りを失った。戦いを忘れ地球で暮らしていたが、タイガの姿を見たことで再び戦いに身を投じる。

登場エピソード:『ウルトラマンタイガ』第10話「夕映えの戦士」(2019年9月7日放送)
脚本:柳井祥緒(※「祥」は、正しくは示に羊になります)/監督:武居正能


今回紹介したエピソードはウルトラサブスク「TSUBURAYA IMAGINATION」で配信中。ウルトラマンシリーズが見放題になる動画配信サービスです。
TSUBURAYA IMAGINATION
『ウルトラマンレグロス』2023年5月23日(火)より国内独占配信開始!
https://m-78.jp/news/post-6720

9月7日はトレギアがナックル星人オデッサの闘争心を煽った日

9月7日は、戦いを捨てたナックル星人オデッサの闘争心に、ウルトラマントレギアが火をつけたエピソードの日。再び戦いに身を投じ、満足して死んでいったナックル星人オデッサ。ヒロユキとウルトラマンタイガは、戦いに応じた自分たちが正しかったのか悩み、心を痛めたのでした。
※この記事は『ULTRAMAN ウルトラマン&怪獣手帳 2023』をもとに構成しています。
©円谷プロ

テレビマガジン ウルトラマンシリーズの最新刊

『テレビマガジンデラックス 決定版 ウルトラ怪獣大集合 パーフェクト超百科 増補改訂』定価:1980円(本体1800円)
ウルトラQからウルトラマントリガーまでの全怪獣・宇宙人、1495体を掲載!
27 件

テレビマガジン編集部

日本初の児童向けテレビ情報誌。1971年11月創刊で、仮面ライダーとともに誕生しました。 SNS:テレビマガジンX(旧Twitter) @tele_maga  SNS:テレビマガジンLINE@ @tvmg  記事情報と付録の詳細は、YouTubeの『ボンボンアカデミー』で配信中。講談社発行の幼年・児童・少年・少女向け雑誌の中では、『なかよし』『たのしい幼稚園』『週刊少年マガジン』『別冊フレンド』に次いで歴史が長い雑誌です。

日本初の児童向けテレビ情報誌。1971年11月創刊で、仮面ライダーとともに誕生しました。 SNS:テレビマガジンX(旧Twitter) @tele_maga  SNS:テレビマガジンLINE@ @tvmg  記事情報と付録の詳細は、YouTubeの『ボンボンアカデミー』で配信中。講談社発行の幼年・児童・少年・少女向け雑誌の中では、『なかよし』『たのしい幼稚園』『週刊少年マガジン』『別冊フレンド』に次いで歴史が長い雑誌です。