5月20日 食糧危機のファントン星人をウルトラマンメビウスがボガールから救う

今日は何の日? 「ウルトラ怪獣日和」 5月20日(2006年)

テレビマガジン編集部

『ウルトラQ』『ウルトラマン』の放送が開始され、ウルトラ怪獣が登場した1966年以来、半世紀以上にわたって脈々と続くウルトラマンシリーズ。作品ごとに子どもたちは、現実とフィクションとを一体に感じ、日々、ウルトラヒーローや怪獣たちに夢中になっていた。

あの日、あの時、胸躍らせて目撃したのは何だったのか? 今回取り上げるのは「5月20日」(2006年)。

GUYSに保護されて食事をするファントン星人  ©円谷プロ

2006年4月8日より放送が開始された『ウルトラマンメビウス』は、宇宙警備隊のルーキーであるウルトラマンメビウスが、ヒビノ ミライとして防衛チーム・CREW GUYS(クルー ガイズ)に入隊。地球を狙う怪獣や宇宙人と戦う。『ウルトラQ』から『ウルトラマン80』までの昭和に放送されたウルトラマンシリーズと、物語が直接的につながっているのも特徴だ。

地球の大気圏外に異星人の宇宙船が停泊しているのが確認された。そこから発生されるメッセージを解読したGUYSはファントン星人と出会い、彼らが地球に落としてしまった非常食の捜索を手伝う。ところが、その非常食が意外な事件を引き起こす。
「ウルトラ怪獣日和」、今日は何の日?

ファントン星人の落し物

2006年5月20日は『ウルトラマンメビウス』第7話「ファントンの落し物」が放送された日です。地球の大気圏外で発見された異星人の宇宙船。そこから宇宙語のメッセージが発信されており、解読の結果、6時間後に指定した地球の座標に降りると言っていることがわかる。

GUYSは指定場所に行くと、そこにはファントン星人がいた。ファントン星は、食糧危機に瀕しており、食料探しの旅とともに非常食「シーピン929」の開発を行なっていた。しかし、宇宙船の事故によりシーピン929が地球に落下してしまったらしい。

ファントン星人は、シーピン929を回収するための協力を、GUYSに依頼した。宇宙人であるファントン星人が街を出歩くとパニックになるため、GUYSはファントン星人に食事をご馳走し、シーピン929の捜索は隊員たちが行うことになる。
次のページへシーピン929が地球を埋め尽くす?
30 件