『枕草子 清少納言のかがやいた日々』

文:時海 結以 絵:久織 ちまき

0 件
発売日 2014/03/14
価格 定価:660円(本体600円)
ISBN-13 9784062854184
判型 新書
ページ数 160ページ

「春はあけぼの」が有名な「枕草子」。その作者の清少納言は、宮中で働くことにあこがれていました。夢が現実になったとき、喜びと同時に、不安もいっぱいありました。持ち前の能力を発揮して、次第に頼りにされるようになりますが、悪口を言われたり、いじめにあったり、いいことばかりではありません。その宮廷生活の中で、さまざまなできごとや、自分の考えを書きとめた日記が「枕草子」です。「枕草子」の中から、「春はあけぼの」はもちろん、今読んでも共感できる部分を選び、わかりやすい現代語訳に。自分らしく生きようとした清少納言の宮廷生活の光と影を織り交ぜて描きます。古典に親しむ初めの一歩として、おすすめの一冊!

書店在庫を見る

オンライン書店

関連シリーズ