『真田十勇士』

作:時海 結以 絵:睦月 ムンク

0 件
発売日 2016/08/11
価格 定価:770円(本体700円)
ISBN-13 9784062855785
判型 新書
ページ数 256ページ

武術、忍術にすぐれた佐助は、明るくてまっすぐ、ちょっとのんきな若者。真田幸村に気に入られ、家来となる。幸村の家来には、爆薬使い、鉄砲が得意、力持ちの兄弟など、強くて個性的な者たちがそろっていた。西国の様子をさぐる旅に出た佐助たちは、山賊の親分や、忍術使い、海賊の親分と出会い、次々仲間に引き入れていく。こうしてそろった十人の勇士たちは、幸村とともに、徳川との戦い――大坂の陣にのぞむ!


山で武術と忍術の修行をつんだ佐助は、明るくてまっすぐ、ちょっとのんきな若者。真田の若殿さま――真田幸村に気に入られ、家来となる。幸村の家来には、爆薬使い、鉄砲が得意、お坊さんの姿をした力持ちの兄弟など、強くて個性的な者たちがそろっていた。真田の城で佐助は、美しく、和歌を作るのが上手な娘・楓に出会い、ひかれあう。――なのに、おっちょこちょいな佐助は、楓の気持ちになかなか気づかず……。やがて、西国の様子をさぐる旅に出た佐助たちは、山賊の親分、忍術使い、海賊の親分と出会うが、知恵と忍術を使って、次々仲間に引き入れていく。こうして強い絆で結ばれた十人の勇士たちは、幸村とともに、徳川との戦い――大坂の陣にのぞむ! <小学校上級から・総ルビ・古典>

一 猿飛佐助の忍術修行 二 真田家の勇士たち 三 もうひとりの忍術使い 四 増えてゆく勇士の仲間 五 かたき討ちの助太刀 六 海賊船での出会い 七 岡山の城でおおあばれ 八 二度戦った大坂の陣 あとがき

書店在庫を見る

オンライン書店

関連シリーズ