自分のイヤなところと、どう向き合う? 【今日の聖書のことば】佐藤優・作家

「私は、弱いときこそ強いからです」とは 〔3分で読める! やさしい心を育むメッセージ〕(23)

作家:佐藤 優

イラスト:力石ありか

※本記事は書籍『1日3分でやさしい心が育つ 聖書のことば』(著:佐藤優)の一部を抜粋、編集したものです。

【私は、弱いときにこそ強いからです】

聖書:
それゆえ、私は、弱さ、侮辱(ぶじょく)、困窮(こんきゅう)、迫害(はくがい)、行き詰まりの中にあっても、キリストのために喜んでいます。
なぜなら、私は、弱いときにこそ強いからです。

メッセージ:
悩みがあるからこそ、人にやさしくできる

『新約聖書』の「コリントの信徒への手紙」を書いたイエスの弟子のパウロは、なかなか治らない病気(弱さ)をかかえていたせいでとても苦労をします。

昔は、治らない病気は神さまが与える罰で、そうした病気の人は罪人だと考えて差別することもあったからです。

パウロはどうやって気持ちを切り替えたのか?

はじめパウロは、この苦しみが取り除かれるように神さまに求めたりしましたが、神さまのことばを聞いて

「自分が高慢(ほかの人より優れていると思い上がること)にならないように、神さまが与えてくれたものだ」

と前向きに受け入れます。

パウロは病気によってたくさんつらい思いをしたおかげで、ほかの人の痛みを自分の痛みのように感じることができました。

それによって「他者への愛」を大切にしたイエスの教えを実行できる「強さ」を手に入れたといっています。

相手の気持ちがわかるようになる

私たちも、みんな自分の体や性格や能力などで「イヤだな」と悩むことがあるでしょう。

でも、そういう悩みがあるからこそ、私たちは同じように悩んでいる人の気持ちがわかり、人にやさしくすることができる。

それをこのことばは教えてくれているのです。

『1日3分でやさしい心が育つ 聖書のことば』
佐藤優(監修)
定価:1,430円(税込)
ISBN:978-4-06-531753-2
イラスト©力石ありか
読者対象:小学校3年生以上

子どもたちが思いやりについて学べる24のメッセージを、超訳&イラストでわかりやすく解説。
大人が読んでも役立つ一冊です。

★同時発売★
『1日3分でしなやかな心が育つ 禅のことば』
大愚元勝(監修)
定価:1,430円(税込)
ISBN:978-4-06-531752-5
イラスト©力石ありか
読者対象:小学校3年生以上

子どもたちが自分で感情をしずめるために役立つ24のメッセージを、超訳&イラストでわかりやすく解説。
大人が読んでも役立つ一冊です。

さとう まさる

佐藤 優

Sato Masaru
作家・元外務省主任分析官

1960年東京都生まれ。作家、元外務省主任分析官。1985年同志社大学大学院神学研究所修了。外務省に入省し、在ロシア連邦日本国大使館に...