友だちにおもちゃを貸さない子 どう言葉がけする? 発達心理学者が回答

こんなときどうする? 子育てQ&A#89 おもちゃをお友だちに貸すのを嫌がります。

教育学博士:渡辺 弥生

写真/Adobe Stock

2歳ごろになると成長して「自分のもの」への所有欲が出はじめます。

そのため、自分のおもちゃを人に貸すのを嫌がるようになることがよくあります。

これは「自分のものがわかるようになった」からで、けっして責めるようなことではないのです。

発達心理学の専門家・渡辺弥生教授が子育ての悩みに答えます。

「おもちゃをお友だちに貸すのを嫌がります。」(1歳・男の子)

おもちゃをお友だちに貸すのを嫌がるときはどうすればいい? 写真/Adobe Stock

成長して「自分のもの」がわかりはじめる年齢です

まだ年齢的に「貸す」「借りる」という意味もわからず、理解するのもむずかしい時期です。

自分の手から離れて、ほかの人の元へおもちゃが移るのは、取り上げられてしまうような気持ちになるのでしょう。

また、「自分のもの」は意識できても、「人のもの」という理解はできない年齢です。

どう対応するかという前に、まず、今はそういう成長の時期だとおおらかに理解することが大切です。

写真/Adobe Stock

こういう時期は、どう対応したらいいの?

では、具体的にはどう対応していったらいいのでしょうか。

◆まず、無理に取り上げて貸すような対応はやめましょう。

「力で奪う」という悪いお手本になります。

◆この時期は基本的に「自分のだからこれでもっと遊びたいよね」と共感したうえで、貸すことのメリットも教えていくとよいでしょう。

たとえば「貸せたら貸してあげようね。

『いいよ』っていうと、お友だちも『うれしいな』っていうよ。

そうしたらあなたもうれしいね~」などと伝えていくのです。

今日は貸せなくても、こういう積み重ねが大事です。

◆相手の子やその親御さんには、ママパパがフォローを。

相手の子に「嫌なんだって、ごめんね」と謝り、相手の親御さんには「こんな時期なので」と事情を話して理解してもらうとよいでしょう。

◆また、そのおもちゃに固執せずに、ママパパが仲介して、二人の子が一緒に楽しめるような違う遊びを展開してみてもいいですね。

お友だち遊びのなかでは、小さないざこざがおきるのは当然で、この経験も成長には必要なことです。

そして、ママパパのフォローを受けながら、だんだんに、ものの貸し借りを含めてお友だち遊びができるようになっていきます。

この時期は、お友だち遊びの終わりはいつも「楽しい!」と思えるような対応をしていってあげたいですね。

文/宇野智子 写真/Adobe Stock
※この記事は幼児誌「げんき」に掲載された記事を再構成したものです。
わたなべ やよい

渡辺 弥生

教育学博士(発達心理学、発達臨床心理学)

大阪府生まれ。1983年筑波大学卒業。同大学大学院博士課程心理学研究科で学んだ後、筑波大学、静岡大学、途中ハーバード大学客員研究員を経...

げんきへんしゅうぶ

げんき編集部

幼児雑誌「げんき」「NHKのおかあさんといっしょ」「いないいないばあっ!」と、幼児向けの絵本を刊行している講談社げんき編集部のサイトで...