友だちにあいさつしたのに、無視された?【今日の禅語】大愚元勝・福厳寺住職

「兎角亀毛」とは 〔3分で読める! しなやかな心を育むメッセージ〕(2)

福厳寺 住職:大愚 元勝

イラスト:力石ありか

本記事は現在発売中の書籍『1日3分でしなやかな心が育つ 禅のことば』の一部を抜粋、編集したものです。

【兎角亀毛】
(とかくきもう)

直訳:
ウサギの角とカメの毛

メッセージ:
まだ起きていないことをこわがらない

仏教には、仏さまの教えを伝えるさまざまな経典(きょうてん)があります。

そうした経典のなかでは「兎角亀毛(とかくきもう)」ということばが、たびたびつかわれます。

たとえば『楞伽経(りょうがきょう)』というお経には
「ことばは妄想(もうそう)であって、兎角亀毛のようなものである」
と書かれています。

みなさんも知っているように、ウサギに角は生えていませんし、カメに毛はありません。

つまり兎角亀毛は「ありもしないこと」という意味です。

かってに悪いほうに考えない!

私たちはよく、兎角亀毛のような、ありもしないことを考え、かってに不安になることがあります。

たとえば、友だちにあいさつしたのに返事がなかったら、
「無視された? なにか、きらわれるようなことをした?」
と不安になって、どんどん悪いほうに考えてしまう人もいるでしょう。

でも、友だちの返事がなかったのは、ただあなたの声が聞こえなかっただけかもしれません。

不安になったらウサギとカメを思い出して

「まだ起きていないこと」にやたらビクビクする必要はありません。

そういう不安や心配が生まれたら、「兎角亀毛」ということばを思い出してみてください。

『1日3分でしなやかな心が育つ 禅のことば』
大愚元勝(監修)
定価:1,430円(税込)
ISBN:978-4-06-531752-5
イラスト©力石ありか
読者対象:小学校3年生以上

子どもたちが自分で感情をしずめるために役立つ24のメッセージを、超訳&イラストでわかりやすく解説。
大人が読んでも役立つ一冊です。

★同時発売★
『1日3分でやさしい心が育つ 聖書のことば』
佐藤優(監修)
定価:1,430円(税込)
ISBN:978-4-06-531753-2
イラスト©力石ありか
読者対象:小学校3年生以上

子どもたちが思いやりについて学べる24のメッセージを、超訳&イラストでわかりやすく解説。
大人が読んでも役立つ一冊です。

たいぐ げんしょう

大愚 元勝

Taigu Gensho
福厳寺 住職

佛心宗大叢山福厳寺31代目住職。慈光グループ会長。僧名「大愚」は、何にもとらわれない自由な境地に達した者を表す。駒澤大学、曹洞宗大本山...