「今日1日くらい、いっか」と思ったら? 【今日の禅語】大愚元勝・福厳寺住職

「時時勤払拭」とは 〔3分で読める! しなやかな心を育むメッセージ〕(12)

福厳寺 住職:大愚 元勝

イラスト:力石ありか

本記事は現在発売中の書籍『1日3分でしなやかな心が育つ 禅のことば』の一部を抜粋、編集したものです。

【時時勤払拭】
(じじにつとめてふっしきせよ)

直訳:
毎日がんばって拭(ふ)きなさい

メッセージ:
ちょっとだけでいいから、毎日つづける

中国・唐(とう)の時代の弘忍(こうにん)というお坊さんが後継者を決めるときのことです。

弘忍は
「悟りの境地(きょうち)を示した詩をつくりなさい」
と弟子たちに命じました。

そのとき、弟子のひとりである神秀(じんしゅう)がつくった詩の一部がこのことばです。

この詩の意味は?

全体は次のような内容です。

身是菩提樹
みはこれぼだいじゅ

(私たちの体は悟りの花を開く菩提樹の木であり)

心如明鏡台
こころはみょうきょうだいのごとし

(心は鏡である)

時時勤払拭
じじにつとめてふっしきし

(だから、鏡がピカピカにかがやくように、毎日きれいに拭いて)

莫使惹塵埃
じんあいをしてひかしむることなかれ

(チリが積もらないようにしなさい)

毎日つづけるためのコツは……

勉強やスポーツの練習は、一度にたくさんやるより、ちょっとずつでいいから毎日やることが大事です。

「今日一日くらい、いいか」
と思っても、5分でいいからやりつづけることで大きな差になります。

禅寺の修行は
「悪い習慣をなくし、よい習慣をつくる」
ことといえます。

毎日少しずつでもつづけることで習慣になり、あなたを進化させるのです。

『1日3分でしなやかな心が育つ 禅のことば』
大愚元勝(監修)
定価:1,430円(税込)
ISBN:978-4-06-531752-5
イラスト©力石ありか
読者対象:小学校3年生以上

子どもたちが自分で感情をしずめるために役立つ24のメッセージを、超訳&イラストでわかりやすく解説。
大人が読んでも役立つ一冊です。

★同時発売★
『1日3分でやさしい心が育つ 聖書のことば』
佐藤優(監修)
定価:1,430円(税込)
ISBN:978-4-06-531753-2
イラスト©力石ありか
読者対象:小学校3年生以上

子どもたちが思いやりについて学べる24のメッセージを、超訳&イラストでわかりやすく解説。
大人が読んでも役立つ一冊です。

たいぐ げんしょう

大愚 元勝

Taigu Gensho
福厳寺 住職

佛心宗大叢山福厳寺31代目住職。慈光グループ会長。僧名「大愚」は、何にもとらわれない自由な境地に達した者を表す。駒澤大学、曹洞宗大本山...