トラブルが起きたときに、大事なことは? 【今日の禅語】大愚元勝・福厳寺住職

「看脚下」とは 〔3分で読める! しなやかな心を育むメッセージ〕(4)

福厳寺 住職:大愚 元勝

イラスト:力石ありか

本記事は現在発売中の書籍『1日3分でしなやかな心が育つ 禅のことば』の一部を抜粋、編集したものです。

【看脚下】
(かんきゃっか)

直訳:
自分の足元を見る

メッセージ:
いま、自分ができることを探す

宋の時代の、中国での話です。

法演禅師(ほうえんぜんじ)というお坊さんが、弟子たちと暗い夜道を歩いていました。

明かりはろうそくに火をつけた行灯(あんどん)だけ。

そのとき、風がふいて行灯の火が消え、まっくらになってしまいます。

そのとき、法演禅師は弟子たちに
「この状況を禅らしく表現してみなさい」
とお題を出しました。

すると弟子のひとりが「看脚下」と答えたので、法演禅師は、その弟子がしっかり修行できているとわかった……というお話です。

眼の前が見えなくなったら、まず自分の足元を見ないと転んでしまう。
これは悟りに至る道と同じだ、ということです。

まずは自分ができることから

トラブルが起こると、私たちはあわててしまいます。

これは行灯の火が消えて、きゅうに周りが見えなくなるのと同じです。

そんなときに、起きてしまったこと(過去)や、これから起こること(未来)ばかり考えても仕方ありません。

まずは冷静になろう

大事なのは
「いま、自分にできることはなんだろう」
と考えること。

そうすると、冷静になり、かならず、自分にできることが見つけられます。

『1日3分でしなやかな心が育つ 禅のことば』
大愚元勝(監修)
定価:1,430円(税込)
ISBN:978-4-06-531752-5
イラスト©力石ありか
読者対象:小学校3年生以上

子どもたちが自分で感情をしずめるために役立つ24のメッセージを、超訳&イラストでわかりやすく解説。
大人が読んでも役立つ一冊です。

★同時発売★
『1日3分でやさしい心が育つ 聖書のことば』
佐藤優(監修)
定価:1,430円(税込)
ISBN:978-4-06-531753-2
イラスト©力石ありか
読者対象:小学校3年生以上

子どもたちが思いやりについて学べる24のメッセージを、超訳&イラストでわかりやすく解説。
大人が読んでも役立つ一冊です。

たいぐ げんしょう

大愚 元勝

Taigu Gensho
福厳寺 住職

佛心宗大叢山福厳寺31代目住職。慈光グループ会長。僧名「大愚」は、何にもとらわれない自由な境地に達した者を表す。駒澤大学、曹洞宗大本山...