『南総里見八犬伝(一) 運命の仲間』

原作:曲亭 馬琴 文:時海 結以 絵:亜沙美

0 件
発売日 2016/05/13
価格 定価:748円(本体680円)
ISBN-13 9784062855549
判型 新書
ページ数 240ページ

 里見家にかけられた魔女の呪いを破るために生まれた八人の剣士。その出会いと友情、呪いとの戦いを描く、全3巻シリーズの第1巻。剣士のひとり犬塚信乃は、村長の養女の浜路、村長の召使いをしている犬川荘助と親しくなる。なんと、信乃と荘助は、同じ形のあざと玉を持つ、運命の仲間だった。信乃は、亡き父にたくされた宝刀村雨丸を返す旅に出るが、この刀をねらう者たちによって悲劇が起こる。残りの仲間はいったい、どこに?


  里見家にかけられた魔女の呪いを破るために生まれた八人の剣士。その出会いと友情、呪いとの戦いを描く、全3巻シリーズの第1巻。
 剣士のひとり犬塚信乃(いぬづか・しの)は、村長の養女の浜路(はまじ)、村長の召使いをしている犬川荘助(いぬかわ・そうすけ)と親しくなる。なんと、信乃と荘助は、同じ形のあざと玉を持つ、運命の仲間だった――。
 信乃は、亡き父にたくされた宝刀村雨丸を返す旅に出るが、この刀をねらう者たちによって悲劇が起こる……。
 残りの仲間はいったい、どこに?

<小学上級から・すべての漢字にふりがなつき・古典>

おもな登場人物 一 女神さまから、さずかった子ども 二 同じ玉を持つ親友、信乃と荘助 三 信乃を大切に思ってくれる人 四 父の形見、宝刀村雨丸を守れ 五 塔の上での決闘 六 姫と愛犬と、八つの玉の物語 七 新しい仲間たちを見つけた 八 絶体絶命、荘助を救いだせ 九 炎に包まれ、生きるための戦い あとがき

書店在庫を見る

オンライン書店

既刊一覧

関連シリーズ