『南総里見八犬伝(二) 呪いとの戦い』

原作:曲亭 馬琴 文:時海 結以 絵:亜沙美

0 件
発売日 2016/07/07
価格 定価:748円(本体680円)
ISBN-13 9784062855693
判型 新書
ページ数 224ページ

 里見家にかけられた魔女の呪いを破るために生まれた八人の剣士。その出会いと友情、呪いとの戦いを描く、全3巻シリーズの第2巻。追手から逃げる中で、散り散りになってしまった剣士たち。犬田小文吾は、命をねらわれたところを美少女旦開野に救われる。一方、犬飼現八は、山の奥で化け猫に襲われる。犬塚信乃は、思いがけない再会に喜ぶが、そこでも悲劇が。剣士たちは、再びめぐりあうことができるのか?


 里見家にかけられた魔女の呪いを破るために生まれた八人の剣士。その出会いと友情、呪いとの戦いを描く、全3巻シリーズの第2巻。
 追手から逃げる中で、散り散りになってしまった剣士たち。犬田小文吾(いぬた・こぶんご)は、命をねらわれたところを美少女旦開野(あさけの)に救われる。
 一方、犬飼現八(いぬかい・げんぱち)は、山の奥で化け猫に襲われる……。
 犬塚信乃(いぬづか・しの)は、思いがけない再会に喜ぶが、そこでも悲劇が……。
 剣士たちは、呪いに勝ち、再びめぐりあうことができるのか?
 
 <小学上級から・すべての漢字にふりがなつき・古典>

おもな登場人物 これまでのお話 一 小文吾、悪女と美少女に出会う 二 山の中での、現八の化け猫退治 三 次の仲間と、おそいくる呪い 四 信乃、思いがけない人とめぐり会う 五 荘助の山賊退治と、もらったほうび 六 ついにあらわれた、最後の仲間 七 どろぼうさわぎと、そろった四人 あとがき

書店在庫を見る

オンライン書店

既刊一覧

関連シリーズ