『南総里見八犬伝(三) 決戦のとき』

原作:曲亭 馬琴 文:時海 結以 絵:亜沙美

0 件
発売日 2016/09/08
価格 定価:本体700円(税別)
ISBN-13 9784062855815
判型 新書
ページ数 272ページ

全3巻シリーズの完結編! 残る二人ともめぐり会い、里見の国をめざす剣士たち。そのころ、里見の国では、行方不明になっていた剣士の親兵衛が、戻ってきた浜路姫を守っていた。ところが、あやしい占い師の策略で、親兵衛は城を出ることに。ついに決戦のときがやってきた。剣士たちは、呪いにあやつられた大軍から里見の国を守り、呪いを断ちきることができるのか!? <小学上級から・すべての漢字にふりがなつき・古典>


 里見家にかけられた魔女の呪いを破るために生まれた八人の剣士。その出会いと友情、呪いとの戦いを描く、全3巻シリーズの完結編!

 残る二人ともめぐり会い、かたき討ちを果たして、里見の国をめざす剣士たち。そのころ、里見の国では、行方不明になっていた剣士の親兵衛が、戻ってきた浜路姫を守っていた。
 ところが、あやしい占い師の策略で、親兵衛は城を出ることに。
 ついに決戦のときがやってきた。
 剣士たちは、呪いにあやつられた大軍から里見の国を守り、呪いを断ちきることができるのか!?
 
<小学上級から・すべての漢字にふりがなつき・古典>

おもな登場人物 これまでのお話 一 黒い呪いに包まれた宿 二 毛野と道節、かたき討ちのゆくえ 三 あやしげな占い師、妙椿 四 浜路姫にふりかかった災い 五 ついにそろった、八犬士 六 毛野が放つ、風火の策 七 最後の戦い あとがき

書店在庫を見る

オンライン書店

既刊一覧

関連シリーズ