8/20放映「ひろがるスカイ!プリキュア」第29話まとめ「ソラとぬいぐるみの心の絆」

世界一プリキュアにくわしいプリキュア専門ライターが、8月20日放送の『ひろがるスカイ!プリキュア』最新話まとめ記事化!

ライター:小渕 早紀

2月から放映開始し、話題沸騰の『ひろがるスカイ!プリキュア』。幼児雑誌「おともだち」「たのしい幼稚園」ほか、これまで何十冊も絵本を執筆してきた「プリキュア専門ライター」が8/20放映分の第29話のあらすじ(ネタバレあり)をまとめつつ、注目ポイントを熱弁!

おばけ!? ソラがネコのぬいぐるみと出会う

第28話では、あげはには、離れて暮らすまりあ・かぐやというお姉さんがいることが明かされました。カリスマモデルのまりあ・かぐやと、あげは・エルちゃんで、ファッションショーを盛り上げたお話でした。

今回の第29話、雨が突然降り出したので、ソラが「すみません、雨宿りさせてください!」と言って洋館の入り口に立っていると、「こっち……」という声が聞こえてきました。

ソラは声のするほうに行ってみますが、誰もいません。洋館は空き家のはずです……。

窓の近くに、ネコのぬいぐるみが倒れていました。雷の音が響き、そのぬいぐるみが「連れてってニャ……」としゃべったので、ソラは「ぎゃーー!!」と一目散に逃げ出しました!

あわてて家に帰ってきたソラですが、「どうしたの? そのぬいぐるみ」とましろに言われて振り返ると、さっきのぬいぐるみの姿が!! ソラは怖くてたまりません。

ソラがネコのぬいぐるみを洋館に戻しに行こうとすると、部屋にあった本が次々に浮かび上がり、
本を盾にするようにしてネコが閉じこもってしまいました。エルちゃんがぬいぐるみにやさしく話しかけると、本は元にもどりました。

「にゃーにゃー。いいこ、いいこ」とエルちゃんは笑顔でぬいぐるみを抱っこしています。

その様子を見て、ソラははっとしてぬいぐるみの手を取り、「ネコさん。あなたの気持ちをわかろうともせず、帰らせようとしてしまいました。ごめんなさい!」と謝りました。

ぬいぐるみは何の反応もしませんでしたが、きれいに洗ってふわふわにしてあげたり、手分けして洋館に住んでいた人の情報を探したり……。できることをみんなでしていきました。

ぬいぐるみの持ち主発見? ショッピングモールでひと騒動

次の日、ソラとましろとエルちゃんは、ショッピングモールへ行きました。ぬいぐるみも一緒です。

小さいころは修行ばかりでぬいぐるみで遊ばなかったため、どういうものかわからないというソラに、ましろは「ぬいぐるみって、いちばん最初にできる『友だち』みたいなものだよ。私も大事にしてたよ」と話しました。

ソラとましろのやりとりを、ぬいぐるみはじっと聞いていました。

歩いていると、ぬいぐるみがある母娘を見て、エルちゃんの手からすり抜けて追いかけていってしまいました。

飛び回って母娘を追いかけるぬいぐるみに、周りにいる人々がざわつき始めました。

「待ってください!」とソラたちも追いかけます。

ぬいぐるみは母娘の顔を見ると、思っていた子と違ったため、ショックで脱力して落下してしまいました。

ソラが抱き上げると、ぬいぐるみは震えているようでした。


その夜、ソラは枕元にぬいぐるみを置き、「今日は大丈夫でしたか?」と声をかけました。

ぬいぐるみからの返答はありませんでしたが、ソラはぬいぐるみと話す夢を見たのです。


「ソラ、今日はごめんニャ」ぬいぐるみがしゃべりだしました。

何があったのかソラが尋ねると、「似てたんだニャ。……友だち」とぬいぐるみ。

ぬいぐるみの記憶が、ソラの頭の中にも広がりました。

ずっと一緒に過ごしてきた女の子が、ぬいぐるみを置いて引っ越していってしまったのだとわかりました。

「寂しいニャ。連れていってほしかったニャ」というぬいぐるみの気持ちが、ソラに伝わりました。


昼間に見た子は、その女の子に似ていたというのです。

ソラが「私がその子を必ず探します! もし会えなかったら……私がネコさんとずっと一緒にいます!」と言うと、ぬいぐるみは寂しそうに「ありがとニャ。でもやっぱり待つことにするニャ」と言って、消えてしまいました。

夢から覚めたソラは、枕元にぬいぐるみの姿がないことに気が付き、すぐにぬいぐるみを探すことにしました。

「きっとあの洋館です!」

勝負にこだわるミノトンが、また登場!

ぬいぐるみを追いかけて洋館に駆けつけたソラたちを、ミノトンが追ってきました! 「お手合わせ願おうか!」と言いますが、ソラたちはぬいぐるみを探しているためそれどころではありません。

ミノトンは、洋館全体のランボーグを生み出してしまいました!

ソラたちは4人そろってプリキュアに変身します。


洋館のランボーグは、扉を開けてプリキュアとエルちゃんを吸い込んでしまいました。

「ネコさんもこの中のどこかにいるはず!」と探しながら戦いますが、ランボーグのいろいろな仕掛けにプリキュアは苦戦します。

「ソラ、こっちニャ!」

ぬいぐるみがドアを必死で押さえてキュアスカイを助けました。


「ネコさん! ありがとうございます。一緒に行きましょう。もう寂しい思いはさせません!」と、スカイはぬいぐるみと一緒にランボーグの中から脱出しました。

洋館の外に出たプリキュアは、協力して反撃し、最後はキュアウィングとキュアバタフライの「プリキュア・タイタニックレインボー!」でランボーグを浄化しました。

切ないソラとぬいぐるみの別れ

家に帰ろうと歩いていると、母娘が乗った1台のタクシーが洋館に止まりました。

ぬいぐるみが「はっ!」と反応します。

その様子に気づいたソラが走って洋館に戻ると、女の子がぬいぐるみを見て「あーっ、マロンだ!」と喜びの声をあげました。

母娘は、引っ越してからだいぶ経ちましたが、ぬいぐるみを取りに戻ってきたのです。

ソラはぬいぐるみを見ると、ぬいぐるみはうなずいたようでした。

寂しい気持ちもありましたが、ソラはネコさんを女の子に渡しました。

「ごめんね、マロン。もうずっと一緒だからね」と女の子はぬいぐるみを抱きしめ、帰っていきました。

別れが切ないソラでしたが、「ありがとニャ」というネコさんの声がソラには聞こえました。

心が通じ合い、友だちになったソラとネコさん。


「ぬいぐるみって、いいですね!」と、ソラはましろに微笑みました。

ネコさんとソラの心の繫がりを感じ、別れは寂しいけれど観ているこちらの心もじんわり温まるお話でした。
『ひろがるスカイ!プリキュア』は、毎週日曜日朝8時30分から、ABCテレビ・テレビ朝日系列で放送中です。

8月27日(日)放映の第30話では、夏休みの終わりに海へ遊びに行ったソラたち。実は泳げないソラですが、みんなで海を楽しむことはできたのでしょうか?

発売中の「おともだち」「たのしい幼稚園」では「ひろがるスカイ!プリキュア」連載中!

たのしい幼稚園9・10・11月号
発売日:2023/7/28
特別定価:1500円(税込)
©ABC‐A・東映アニメーション
こぶち さき

小渕 早紀

Saki Kobuchi
ライター

東京都出身・川崎市在住。講談社の幼児誌「たのしい幼稚園」「おともだち」「いないいないばあっ!」の構成・ライティングを担当。キャラクター...