10/29放映! 「ひろがるスカイ!プリキュア」第39話まとめ「偽物のプリキュア、キュアパンプキンからハロウィンを守れ!」

世界一プリキュアにくわしいプリキュア専門ライターが、10月29日放送の『ひろがるスカイ!プリキュア』最新話まとめ記事化!

ライター:小渕 早紀

2月から放映開始し、話題沸騰の『ひろがるスカイ!プリキュア』。幼児雑誌「おともだち」「たのしい幼稚園」ほか、これまで何十冊も絵本を執筆してきた「プリキュア専門ライター」が10/29放映分の第39話のあらすじ(ネタバレあり)をまとめつつ、注目ポイントを熱弁!

もうすぐハロウィン、ましろの家は噂の“魔女の館”

第38話では、スカイランドの浮島にあるスカイジュエルを調査し、夜の明かりと竜族との交流を取り戻したお話でした。

今回の第39話は、子どもたちが楽しみにしているハロウィンのお話です。

ソラシド市では、街をあげてハロウィンフェスタが行われることになっています。

ましろの家は、園児たちに“魔女の館”だと思われているのを知り、子どもたちを喜ばせるために、ソラたちははりきって準備することにしました。

ヨヨさんとエルちゃんは魔女、ソラたちはかぼちゃのおばけの仮装をして、子どもたちを迎えます。

保育園の子どもたちがやってきました。キラキラした嬉しそうな笑顔でお菓子を受け取る子どもたちを見て、ソラは「ハロウィンって、お菓子をあげるほうもすっごく楽しいんですね!」と、喜びでいっぱいです。

いつもならお話ししない人と、いつもと違う服を着て、「トリック・オア・トリート」の言葉でつながるハロウィン。ましろはハロウィンは特別なお祭りだと言います。

「笑顔が広がる魔法みたい」と、ソラとましろは嬉しくなって微笑み合いました。

何者!? キュアパンプキン出現

プリティホリックの前で騒ぎが起こりました。

「キュアパンプキン」と名乗る者が、プリティホリックのハロウィン用のお菓子を奪い取っているのです。

キュアパンプキンは、プリキュアの仲間だと言っていたずらをしてプリキュアの評判を落とし、お菓子も横取りしてやろうという考えです。正体は、バッタモンダー!

「いたずらはするし、お菓子ももらうぞ!」とやりたい放題です。

でも、偽物のプリキュアだということがすぐにバレて逃げ出したキュアパンプキン!(笑)

街のあちこちでお菓子を奪い始めました。


みんなの笑顔を取り戻すため、ソラたちが街へ向かいます。

仮装したソラたちは、街の人にヨヨさんと用意したお菓子を配りました。

キュアパンプキンは、そのお菓子を奪い取る前に小さい子からお菓子をもらって、なんだかぽかんとしてしまいました。

スキアヘッドも現れた! 手強いキョーボーグと対戦

そこにスキアヘッドが現れました! 紋田のキュアパンプキンとは関係なく、プリキュアを狙いにきたのです。

かぼちゃのランタンとペロペロキャンディを合体させてキョーボーグを作り出してしまいました。


ソラたちは5人でプリキュアに変身します。

キョーボーグはペロペロキャンディを盾のように使い、プリキュアの攻撃を防いでいます。

みんなで連携してペロペロキャンディを割ることに成功し、最後は5人の合わせ技、「プリキュア・マジェスティックハレーション!」でキョーボーグを浄化することができました。

スキアヘッドはポータルを出現させ、姿を消しました。

その一部始終を隠れて見ていたキュアパンプキン(バッタモンダー)。

店主たちやプリティホリックの菜摘に見つかり、「ごめんなさーい」と言って逃げていったのでした。
(あんなに冷酷でおそろしいやつだったのに、すっかり人情味あふれる憎めないキャラのようになってきましたね……!)

戦いが終わると、ヨヨさんは「お疲れさま」と言ってキュアスカイたちにもお菓子を渡しました。

ソラやツバサも初めてのハロウィンを楽しめて、みんなが笑顔になった素敵な一日でした。
『ひろがるスカイ!プリキュア』は、毎週日曜日朝8時30分から、ABCテレビ・テレビ朝日系列で放送中です。

11月12日(日)放映の第40話は、テレビを見ていて「結婚」に興味をもったエルちゃんが爆弾発言! 「エル……、ツバサとけっこんしゅる!」えー!! これはいったいどういうことでしょうか?

発売中の「おともだち」「たのしい幼稚園」では「ひろがるスカイ!プリキュア」連載中!

たのしい幼稚園12・1月号
発売日:2023/10/27
特別定価:1480円(税込)
©ABC‐A・東映アニメーション
こぶち さき

小渕 早紀

Saki Kobuchi
ライター

東京都出身・川崎市在住。講談社の幼児誌「たのしい幼稚園」「おともだち」「いないいないばあっ!」の構成・ライティングを担当。キャラクター...